宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

145.ホタテウミヘビ


ウミヘビ科>ホタテウミヘビ属>ホタテウミヘビ
Pisodonophis zophistius Jordan and Snyder,1901
DSCF0002a.jpg
DSCF0004a.jpg

聞くだけで気味悪いが、ウミヘビと名がつく生き物は魚類と爬虫類がある。
長物で海面の表層などをゆらゆらと泳いでいる縦すじがカラフルなウミヘビって爬虫類が多いのだろうが、正式には鱗があるのが爬虫類で魚類のウミヘビは、無い。
この「ホタテウミヘビ」など、魚類なのに見た目で蛇「へび」を称号され、何とも可愛そうな部類だ。ウナギ目なのに、ウナギやアナゴとは扱われ方がまったく違う。

魚類だと思うとちょっと怖さも薄れるが、胸鰭・背鰭があるので爬虫類ウミヘビとは区別ができる。

この魚は随分河口から1Kmほども入った河川で釣れた。(一ツ瀬川)
まだ汽水域ではあるが、内湾・汽水域の魚だと思われる。写真を写した後はリリースしたが、見た目は気味悪いというより、ウナギ似で食べてみたい欲にかられた。だけどわずかに危険な香りもして、逃がしてしまった。

食味情報も極端に少ない。
ウナギ・アナゴ・ウツボの食味を考えると不味くはないのではないか?いやきっと美味いはず。だと思ったけどハモと同様に小骨が多いので料理次第で食べられるという記事は見つけた。微妙な言い回しだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/266-9d530d46
該当の記事は見つかりませんでした。