宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

151.サヨリ


サヨリ科>サヨリ属>サヨリ
Hyporhamphus sajori (Temminck and Schlegel,1846 )
DSCF0007_201501251817466d7.jpg
DSCF0010.jpg

サヨリって名は学名からなのかな?sajori(サジョリ)→サヨリって感じかも。逆に和名のサヨリが学名で採用されたのかな?
「沢(岸辺)寄り」という説もあるようだ。

サヨリはそれなりに釣りの対象魚であり、宮崎では時期(晩夏から初秋)になると河口に大きな群れで集まる魚だ。20Cmオーバーがメジャーなサイズで30Cmでかなり大物だろう。そのデリケートな釣り方が面白いのだが一般的には表層に群がる見えている魚を狙う。

魚自体がデリケートで臆病なんだけど相当の群れで集まっているのでいかに散らさないで釣るかが数釣りのポイント。コツを得ると子供でも簡単に釣れる(と思う)
小さい針で餌は米粒大の練餌でもゴカイを細かく切っても、とにかくなんでも良いと思う。

普段釣っているのがサヨリかと言うと実は「クルメサヨリ」という種も多いらしい。淡水域は案外クルメサヨリのほうが多いようだ。今度釣ったら注意してみてみようと思う。簡単な見分け方は下顎の長さが頭部の半分以上を占めているのがクルメサヨリで標準和名「サヨリ」は半分以下(または程度)だ。そういう事だと時折釣れる大型のホシザヨリも長い。下顎先端が赤くないのもクルメサヨリの特徴であるらしい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/272-5078688d
該当の記事は見つかりませんでした。