宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

173.クロイシモチ

一日一魚


テンジクダイ科>テンジクダイ属>クロイシモチ
Apogon niger Döderlein,1883
kuroisimoti1.jpg

これ、以前紹介したつもりだったけど無かった(^^ゞ
テンジクダイ科の魚って、体表面がピンク色のものが多く、口が大きくてさほど可愛いとも言いがたいけど、小さくてか弱い印象だ。
だけどこの魚は、見た目テンジクダイの様相ながら、目を見たら透き通っていて(黒くなく)古代魚という印象。体全体も黒っぽいが尾鰭だけは透明。基本的に模様はないが、ときには体側に数本の細横帯が現れるそうだ。

船を利用したキス釣りの折りに釣れた事が何度かある。
内湾の転石の多い砂泥地に生息しており物陰に潜んでいるそうだ。
先に書いたように、眼を見ると吸い込まれるようで宇宙が見えるという感じ。私が知るこのような眼を持つのは少なく、アカメなどもそんな感じに見える。アカメは透明だけど赤い。

約10Cm程度で成魚と思われる。もう少し大きいサイズも釣れたような気がする。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/301-97c6463c
該当の記事は見つかりませんでした。