宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

209.ウッカリカサゴ


メバル科>カサゴ属>ウッカリカサゴ
Sebastiscus tertius Barsukov and Chen, 1978
IMG_3787s.jpg

この魚もBLOGスタート初期から登場してもらっているのに紹介できていなかった。
一見、カサゴと見間違うことから付いた名が「うっかりカサゴ」だ。それが標準和名になるのが何とも不憫な感じはする。せめてオキカサゴとか、オオカサゴとか、それらしく付けてあげても良かったんじゃない?(^_^;)

確かにカサゴとの違いがとても判りにくい。だけど慣れてくれば体側の白色斑ははっきりしていて、白斑の周辺が黒く縁取られることで容易に判る。私の場合、沖で釣れて、25Cmを超すようなカサゴであればウッカリカサゴを疑い、その辺の様子から同定できるが、逆に岸からの釣りでは見た事がない。220mより浅い岩礁域に生息するという事だが、宮崎沖の30~60mほどのエリアは最も適しているような気がする。その辺だと標準和名カサゴより釣れる気がしている。

大きさもカサゴは25Cm以上のものとはほとんど出くわさないけど、この魚は40Cmに成長するようで、まあ大きなカサゴが釣れたらまず疑うべきだ。

ちなみになんども紹介しているけど比較写真です。
kasago2.jpg
斑点がぼやけていて大きさも不揃いなのがカサゴで、割とはっきりしていて目立ち、白斑に黒縁があるのがウッカリカサゴ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/368-42faeee6
該当の記事は見つかりませんでした。