宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

218.モンガラカワハギ

これもまだ紹介できてなかった♪


モンガラカワハギ科>モンガラカワハギ属>モンガラカワハギ
mongara.jpg

とてもカラフルだが、この魚がモンガラカワハギ代表、標準和名モンガラカワハギだ。
結構普通に見ることができる。(ときどき釣れる)
単独か2匹で行動するのが普通で、群れは作らない魚のようだ。

模様がこんなだけに、サンゴ礁域で生息する事は間違いなし。図鑑記載では水深50m以浅に生息するとのことだけど、この模様が擬態となるのか、逆に威嚇する目的なのか不思議だ。
とにかく独特な色合いのため観賞用として人気がある。幼魚のときは白い斑点が体全体にあり、その斑点が大きくなり腹部に下がっていくような成長を遂げる。

さすがに食用とされないようだが、表面は硬い骨質の鱗に覆われていて調理もしずらそうだ。私も試した事はないけど、多分問題なく食べられる種なのではと思っている。

体長は30Cmほどまで。

カラフルなモンガラの仲間ってそれなりに種類が多いけど、宮崎で釣れるのがほとんどこれで、仲間としてはメガネハギとツマジロモンガラは普通に釣れるけどカラフルではない。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/383-b1d43360
該当の記事は見つかりませんでした。