宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

223.クロサバフグ

あと2種です(^_^;)


フグ科>サバフグ属>クロサバフグ
Lagocephalus gloveri Abe and Tabeta, 1983
P8220304s.jpg

シロサバフグ(宮崎ではキンフグと言われる)だと思っていたこの魚の写真の尾鰭をよく見たら、広げてないので判り難いんだけど、全体が黒くて両端が白いように見える。これがクロサバフグの特徴だ。シロサバフグは全体が濁った黄色で下方が白いという感じだ。

クロサバフグと名が付く由来は、想像だけどシロサバフグよりちょっと全体的に黒っぽいんじゃないかと思う。以前比較写真を掲載した時にそう思った。

http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

昨年(2014年)、この魚の写真を写すまで意識してなかったんだけど、特徴を知ってからは結構見えてしまうというか見かけるようになった。
宮崎市内で知られた門川獲れ魚介類の販売店で販売されているシロサバフグに結構混じっている。
その店は調理人がいて裁いてから販売されるそうだけど、宮崎県の条例では姿のままのシロサバフグの販売は禁止されていて、ましてやクロサバフグは微妙。まあ無毒という事だが。

図鑑には日本産のものは無毒で、東南アジア・南シナ産のものには毒があると記載されている。

まあ魚を食べて命を落とすなんて、これほど悲しいというかアホらしい死は無いと思うので、そのリスクを背負ってまで食べる必要はないかな?優しくリリースしてあげましょう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/393-854ec25c
該当の記事は見つかりませんでした。