宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

262.サザナミハギ

レア度★★☆☆☆ 喜界島で出会った魚(湾内編)


ニザダイ科>サザナミハギ属>サザナミハギ
Ctenochaetus striatus (Quoy and Gaimard, 1824)
P5040506s.jpg

写真の魚は15Cm程度だが、30Cm前後で成魚のよう。
南日本。~インド・太平洋域。岩礁域にすむそうで、WEB魚図鑑には千葉県からの投稿や、宮崎でもT先生が宮崎市内サンマリーナ宮崎にて撮影されたものを投稿されている。宮崎だと釣った事はなく個体数は少ないんだろうと想像するが、WEB魚図鑑への投稿数は多いので、南方では比較的釣れ易いのかも知れない。

目の周囲の黄色い斑点模様が特徴かな?ナガニザにも模様があるが、顔全体にあるので区別可能。また名の由来になる体表のサザナミ模様でも他のニザダイ科とは区別できる。

マイトキシンという海産毒素があるそうだが、その名の由来はこの魚がタヒチの現地名で「マイト」と呼ばれる事から付いたんだそうだ。つまりこの魚はそれを保有する場合があるので食べないほうがいいらしい。
ニザダイ科の魚はその食味からリリースされる場合も多いけど、冬場はそれなりに美味しく持ち帰る事もある。何でも食べてみるということは避けたほうがいいなと、今朝はちょっと学習。

観賞魚として流通しているようで、コケを食べてくれるんだそうだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/475-1958ec9a
該当の記事は見つかりませんでした。