宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

281.オビブダイ

レア度★★☆☆☆ 喜界島で出会った魚(磯編)


ブダイ科>アオブダイ属>オビブダイ
Scarus schlegeli (Bleeker, 1861)
201005_4kikai16.jpg

雄型の体色は濃青色で、体側に淡色横帯があるが写真の魚は雌。雄の写真が欲しいと思っている魚の1つです。
成魚で40Cmほど。雌は写真のような模様からか「クロスジブダイ」と言われていたようだ。

この魚で思い出があるのは・・・
002763.jpg
WEB魚図鑑に私が投稿しているこの写真だけど、メールで神奈川県立生命の星・地球博物館・瀬能博士にメールで同定して頂きまして、

●頬の鱗列数が2(画像からはそう見えます)であること、
●体色に赤みが強いこと、
●背鰭の中央に青い縦帯が形成されつつあること、

でオビブダイ(若魚)と思われるそうです。

・・・・と、一旦は返事を頂いたんだけど、その後地球博物館で作ってらっしゃる写真DBには「ヒブダイ」となっていた。

ようは、写真では限界があるのかも。もしかして新種(^^ゞ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/506-85f1aac9
該当の記事は見つかりませんでした。