宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

285.ヒメヒイラギ

レア度★★☆☆☆ 鹿児島・錦江湾の釣り筏にて


ヒイラギ科>イトヒキヒイラギ属>ヒメヒイラギ
Equulites elongatus (Günther, 1874)
00082125s_20150615054635a69.jpg

昨日オキヒイラギが釣れたので、それを紹介しようと思ったんだけど、まずはこの魚から。
誰にも同定してもらってないので、恐らくというレベルだけどヒメヒイラギです。
写真が悪く(当時のデジカメがオンボロで)、模様がきちんと写ってないんだけど、姿・体形から判断。

錦江湾では普通に釣れると思われ、サビキ仕掛にはアジ子とともに数珠なりでした。これを餌にイカを狙ったりする。
地元の人はアメウオと呼んでいたけど、どうも口が伸びる魚(オキヒイラギ・クロサギ・ヒメヒイラギ)を総称でアメウオと呼んでいるっぽい。

鹿児島の錦江湾だと、ドン深ポイントがあるので釣れるのかも知れないが宮崎では見た事がない。ヒイラギよりは深い場所で、オキヒイラギよりは浅い場所なのかも知れない。琉球列島を除く南日本に生息するそうだ。

ヒイラギと比べたら、体表のネバリが無いので扱いやすいと思うし、食べても美味しい。確かアジ子とともに沢山釣れて実家で食べたが、旨味はアジ子を上回った記憶。

記憶ついでにこの魚が釣れた日の事。
00082127s.jpg
一昨年亡くなった親父と8月のお盆の日だった。2000年だから15年前になる。
親父はアジ子が釣りたい。私は何でもいいという釣りだったけど、その前に1度行って気に入っていた釣り筏を、私が親父に紹介するような感じだった。
夏だし暑い日だったけど、アジ子は狙い通りに釣れて、この魚もつれ満足。時々中層で重みが掛かる。何度も何度もだが、やっと足に引っ掛かって上がってきたのはミズイカ(アオリイカ)だった。結構な大物。専用仕掛があればもっと釣れたんだろうが1匹だけ。
一瞬で弾かれるようにハリが無くなったりもした。今思うに、釣れたアジ子をハマチか何かが食べるんだろう。とにかく1日中反応があり楽しかった。親父との釣り。子供の頃から楽しかった。短気だったので釣れないと30分で引き上げてしまう親父だ。私もその性分を引き継いでネバリが全くない。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/513-d7f93727
該当の記事は見つかりませんでした。