宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

286.オキヒイラギ

レア度★☆☆☆☆ 宮崎沖のサビキ釣り


ヒイラギ科>イトヒキヒイラギ属>オキヒイラギ
Equulites rivulatus (Temminck and Schlegel, 1845)P6140799s.jpg

サビキ仕掛でアジ子に混じって釣れた。多分紹介できてないので写真を写した。
陸のヒイラギに対して細身のオキヒイラギ・・・という名はインプットしていて、以前何度も釣った事があると思っていたのだが、もしかしてホントに初めて釣ったかも知れない。鹿児島の錦江湾で結構釣れていたのはヒメヒイラギだったかも。
でも、なんとも馴染みがある。もしかして・・・・

14050309.jpg
やっぱり!

シィーバだ。これ、熊本の不知火道の駅にて見かけたけど、その辺りで何度も見かけているかも。
パックにはシィーバと書いてあるけど、ネットにある地方名の情報だと、熊本では「シイバ」と呼ばれている・・・との事。
まあどっちもありなんだろう。でも写真のパックの中は、ヒイラギとオキヒイラギが混ざっているような気もする。
ちなみに「シイバ」って、想像だけど椎葉つまり椎の木の葉っぱだろうな。そんな形の魚だということだろう。

ちょっと調べた感じでは、オキヒイラギは群れで獲れる事もあって、普通に流通もしているようだけど安いらしい。
だけど味は美味しい。食材としては鱗を取る必要もないし身も剥がれやすいので、なかなか素敵な魚なのだが。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/514-24cf0e01
該当の記事は見つかりませんでした。