宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

幻の魚

月曜日の魚マイスターの皆さんとの会話の中で、もう色んな魚名が飛び出し話についていくのがイッパイイッパイだったんだけど、思い出した魚の事がある。

その1・ホンモロコ
小学校高学年の頃にオイカワなどと一緒に捕まえた魚で、自宅に持っていた図鑑を見てホンモロコだと思っていた。今となってはタモロコなのかホンモロコなのか定かではないが、宮崎のえびのという地域でこの1匹はとても珍しく、まあいずれかは不明だけど、図鑑で調べる面白さというのをこの頃に味わった気がする。

その2・アオギス
中学生の頃、親父に連れられて出水市の海岸でキス釣りをした時のこと。
常連さん曰く、その辺はアオギスしか釣れんぞって・・・それでアオギスを憶えた。その時に釣れた魚も見せてもらったんだが、普通のキスより随分と大きく青光りしていた印象はある。そして普通のキスより不味いんだと聞いた。
今や絶滅危惧の魚だ。

その3・ギギ?ギバチ?
同じく中学の頃、親父と夜の川で投網打ち。狙いは手長エビだが何でもよい。大きな鯉が入ったり、子供の私には何が取れても嬉しいばかりだったけど、ナマズのようだけどちょっと違う魚が獲れた。図鑑で調べたらギギかギバチ。どうもどちらなのか区別がつかない。でも当時の図鑑にも数が少ないのがギバチって書いてあったと思う。ならばギギなのか?って思っていたけど、たぶんだがアリアケギバチだったんだろうなと思う。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/520-6f200024
該当の記事は見つかりませんでした。