宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

289.クマドリ

レア度★★☆☆☆ 喜界島で出会った魚(船釣り編)


モンガラカワハギ科>クマドリ属>クマドリ
Balistapus undulatus (Park, 1797)
P5020378s.jpg

オレンジ色の斜帯に目がいって、まあそれだけで「クマドリ」という魚を見間違う事もないんだけど、他に大きな特徴としては尾鰭の付け根の棘と、その棘を囲うように黒斑点がある。

眼から口の間(吻)のスペースにオレンジ帯があるのが雌と幼魚のようで、雄にはない。写真の魚は無いので雄という事になるようだ。
kumadorikao.jpg
※青丸の部分です。顔アップは上の魚と別個体だけど、これも雄ですね。雌の写真は写してないみたい。

クマドリという名の由来は容易に想像できるが、「隈取」・・・歌舞伎独特の化粧法・・・かららしい。

食用にもされるけど、この模様から観賞魚としても流通はしているようだ。だけど気性は荒い魚なんだそうだ。

成魚で25Cm程度。和歌山以南に生息するようだけど、これも宮崎では見た事はなく、WEB魚図鑑でもほとんどが奄美より南の魚の投稿だ。和歌山の串本とか、静岡の下田・南伊豆あたりは、宮崎を通り越して南方系魚類が沢山出てるけど、黒潮の影響なんでしょうね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/521-3c7761f4
該当の記事は見つかりませんでした。