宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

298.ブチスズキベラ

レア度★★★☆☆ 喜界島で出会った魚(磯編)


ベラ科>ススキベラ属>ブチススキベラ
Anampses caeruleopunctatus Rüppell, 1829
IMG_3269.jpg

2013年11月喜界島・手久津久の磯にて。
写真の魚は雌のようで、雄は青味を帯びていて胸鰭の後方に太目の横帯が1本入っている。雌は写真の通り深緑色で尾鰭を含む体の全体に規則的に並ぶ青小斑点がある。

WEB魚図鑑には奄美以南の南方の投稿が多いけど、和歌山の白浜・串本や鹿児島の南九州市からも投稿されているので、本土には絶対数は少ないものの生息しているのだろう。

本土には少ないけどとりあえず生息が確認されている魚って、死滅回遊魚なのかも知れない。つまり幼魚時代に黒潮に乗り、北の海までやってきて、ある程度成長はするものの、冬の寒さを越せなくて繁殖しない(増えていかない)魚だ。

図鑑に記載されているサイズは雄で30Cmという事だが、ネットで写真を掲載されてるもので45Cmというものがあるので、それぐらいには成長するのだろう。

この魚の幼魚は観賞魚として流通しているものの、食が細くて飼育は難しいようだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/534-eb1334e1
該当の記事は見つかりませんでした。