宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

306.アザハタ

レア度★★★☆☆ 喜界島で出会った魚(船釣り編)


ハタ科>ユカタハタ属>アザハタ
Cephalopholis sonnerati (Valenciennes, 1828)
P5020397s.jpg
記録:2015/5/3鹿児島・喜界島湾沖・水深40m・42Cm 1個体目
P5020411s.jpg
記録:2015/5/3鹿児島・喜界島湾沖・水深40m・43Cm 2個体目

この日(釣れた日)、最初に釣れたのが70Cmの「バラハタ」で、続けて釣れたのが1個体目の写真の「アザハタ」
そしてちょっと間があって2個体目の「アザハタ」。40Cm級の魚が立て続けに釣れ、その後もシロダイ・アオチビキ・アカハタなどちょこちょこ釣れて、とても満足だったのでした。

その中でもこの魚、アザハタは初獲物だし、なんとも重量感があってハタの中でもキングスタイル。ただサイズはどうも写真の40Cm程度が最大級のようだ。
山渓「日本の海水魚」によると、この魚の幼魚は全く模様が違うようで、全体が藍色で尾鰭の後縁が白いんだそうだ。

赤い魚は美味いというのが持論だけど、これが美味しいかどうかを地元のがほーさんに尋ねたら、まあまあという返事だった。しかし、いつも頼りにしているぼうずコンニャクさんのサイト「市場魚貝類図鑑」によると、刺身はとても美しく、美味なんだそうだ。ただ一定期間寝かせたほうがいいみたい。1人では持て余す大きさなので食べてない。残念。

とても面白いBLOG記事を見つけた。写真も綺麗だ。

アザハタの王国~アザハタは家そのものを守っていた~

何気なくその姿から最初にキングという表現を使ったけど、このBLOGを見たら王様なんだという事が判った。
住処を守る行動・この魚の周囲に小魚が集まって小宇宙を造るそうだ。詳しくはBLOGを。

この記事を見たら、タイラバで釣れた私の釣果って、もしかして餌と認識してたのではなく得体の知れないものから砦を守ろうとしたのかな?なんて想像してしまう。

ところでこの時に釣れた魚はもう1匹。連れていったもらった地元のがほーさんにも。
P5020404s.jpg
いい笑顔だ!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/545-92a6b6de
該当の記事は見つかりませんでした。