宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

フグのこと

先週、フグ文化の中心である「下関」に行ったのだが、トラフグが中心ではあるものの、シロサハフグやマフグなども多く見かけた。
食べたものは唐揚げは多分マフグで、てっさはさすがにトラフグって書いてあったのでそうだろうが、ふく汁はシロサバフグだった。
ちなみに「ふく」という表現がまかり通っているが、どうも市場内では普通にフグと言うようで、ふくは福に結びつき、フグだと不遇という事に結びつくという事からこの表現を使っているらしいが、観光向けというか宣伝目的だという話もある。
まあでも下関に行ったら「ふく」って言いたい。

フグは毒があるので個人で調理するのは危険だが、フグ調理師免許は条例に基づき都道府県知事が発行するものだそうで、呼び方も微妙に違うようだ。ふぐ包丁師、ふぐ取扱者、ふぐ処理師、ふぐ調理士、ふぐ取扱登録者、ふぐ調理者など様々。
当然命に係わるものなので簡単に取得できるものではないらしい。取る気もないのでこの辺の情報は特に調べないけど、とにかく個人では扱わないように。

フグは部位により毒の有り無しがあるが、厚生労働省が出している安全なフグと、その部位のリストが以下の通り
20150723.gif
これに記載されていない「肝臓」「卵巣」「腸」などは駄目という事です。

メフグ・カラス・シマフグ・ゴマフグ・サンサイフグ・ネズミフグって見たことないなぁ。

ヒトヅラハリセンは喜界島で準備してもらっていたこれ↓だな。
IMG_1101s.jpg

2 Comments

MS says..."No title"
>メフグ・カラス・シマフグ・ゴマフグ・サンサイフグ・ネズミフグって見たことないなぁ。

シマフグはそちらでも出るかもしれません。カラスは東シナ海のもので九州北部におりますがトラフグと同種なのかも。メフグとサンサイフグは中国・朝鮮の種で東シナ海で日本船がとることもありますが私は見たことがない憧れのフグです。ゴマフグは日本海に多いかな?
2015.07.23 19:48 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."No title"
フグは特徴が顕著だから楽しいよね。
2015.07.24 12:50 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/566-d5304fae
該当の記事は見つかりませんでした。