宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

標本手伝い2015/8/29

M大助教のDr.ムラニィの手伝い要請があり、朝早くから土々呂の干潟エリアで魚採取して、そのまま研究所で標本作成の予定・・・だったんだけど・・・
※ちなみにこのお手伝いの事「魚ボラ宮崎」って名付けていいかな?
お隣のK大は「魚ボラ」が浸透しているみたいだし。ボラはボランティアの事です。

Dr.ムラニィから連絡があり、急遽環境アセスメント会社の手伝いが入ったようで、PM3時に来て欲しいとの依頼。

仕方がないので、近場で魚釣ってから行こうと思っていたけど・・・雨(-_-)

昼ぐらいに自宅を出発して、まずは釣ろうと思っていた高鍋の小丸川河口に様子伺い。
P8290394s.jpg
干潮前だが

何となく雰囲気はいいぞ。マハゼは釣れそう。以前何度か釣った事がある場所だけど、岸も整備されている。

P8290398s.jpg
ぶらぶらしながらPM3時に到着・・・したけど

誰も居ないし電話連絡も取れない。

きっとトラブルだな。川に入ると簡単に電話もつながらないしな。

実は短気な私なので・・・怒ってないけど待つのが辛く・・・帰っちゃお。

車で約30分ほど走り、急に閃いてさっき見た小丸川で夕まずめの釣りをしようと餌を購入して電話を見たら着信アリ。

「すいません!ちょっと予想以上に時間がかかって・・・」

帰る気満々だったんだけど

「ア○メの稚魚が何匹か入りましたよ」

スイッチ・・ON!

実験所に戻る(^_^;)

M大大学院生のM君含む3名で作業開始。

今回採取の魚達は縦網を使っているのでとてつもなく数が多い。

鰭立てする魚とそうでないものの分別。

これだけでPM4時から・・・だいたいPM10時。

M大大学院生のM君は所用にてタイムアップ。

後は2人で鰭立て&写真撮影。

自分では10時ぐらいと思っていた作業が、すでに午前様。

そんな感じで食事もしないままに立て続けで約8時間。

首固まった(-_-)

まだまだ作業は続くのだが、自宅まで2時間だし、気力も失せたし、首痛いし、

そんな感じで私は抜けたのでした(^_^;)

多分Dr.ムラニィは想定AM4時ぐらいだったろうな。今頃寝てるかも。

なかなか強烈なボランティアです。でも楽しいのだ。

魚は
P8290402s.jpg
ビリンゴ

P8290408s.jpg
クボハゼ(絶滅危惧種だそうで)

P8290416s.jpg
シマイサキ

P8290421s.jpg
トビハゼ

P8290423s.jpg
P8290425s.jpg
ヨウジウオ(ガンテンイシヨウジというようです。MS君感謝!)

P8290431s.jpg
ア○メ
※宮崎県では採取は禁止されてますが、環境調査のために申請を出し捕えたものです。乱獲を考慮して採取場所はこのサイトでは控えさせて頂きます。

他にもレアな魚、普通種含め1~2百個体ぐらいあり、獲れると嬉しいけど作業は地獄という感じ。

釣行も一緒か。釣れすぎると始末が大変(^_^;)

さて干潮越しの上げ潮時間、釣りに行ってみようか。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/599-76631309
該当の記事は見つかりませんでした。