宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

316.クボハゼ

レア度★★★☆☆ 河口干潟で見られる魚


ハゼ科>ウキゴリ属>クボハゼ
Gymnogobius scrobiculatus (Takagi, 1957)
P8290408s.jpg
あまり鮮明な写真でもないので、これがクボハゼなのかどうかというと、この写真を写したきっかけが研究者であるDr.ムラニィが教えてくれたからであり、まあ間違いないんだろう。
サイズは3Cmに満たないほど。もっとしっかりしたマクロ撮影ができるカメラが欲しいなと思う今日この頃だ。

太平洋側だと和歌山から宮崎・日本海側では福井から鹿児島まで生息・また瀬戸内海にはいる日本固有種だということだが、埋め立て、護岸工事、水質汚濁などにより絶滅危惧種扱いを受けているようで河川によっては絶滅しているらしい。人間の手で滅ぼされようとしている生き物の1つなんだな。こんな情報を知ると悲しいもんだ。

ちなみにWEB魚図鑑にも登録がなく、レア度はちょっと悩んだんだけど、研究所に持ち込まれていた個体は数匹いたので特別に少ない訳でもないと思う。河川によりけりなんだろう。成魚でも5Cm程度の魚だ。

絶滅危惧IB類にリストがある魚だが、A類ほど深刻ではないものの近い将来絶滅の危険性が高いとされるものがリストアップされている。魚でいえばイトウとかニホンウナギ・ニゴロブナ・ゲンゴロウブナ・カジカ・ヨシノボリ・ムツゴロウ・・・・なども含まれている。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/605-bc5db5f2
該当の記事は見つかりませんでした。