宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

319.ゴマハゼ

レア度★★★☆☆ 河口干潟で見られる魚


ハゼ科>ゴマハゼ属>ゴマハゼ
Pandaka sp.
P6200871s.jpg
これも小さくて2Cmほど。一見何がしかの幼魚にも見えるけどこれで成魚。
ちなみに日本で一番小さい魚ってメダカでは有りません。これの仲間。

恐らく写真の魚はゴマハゼなんだけど、奄美~沖縄にはこの仲間の「ミツボシゴマハゼ」「マングローブゴマハゼ」という魚がいて、それらの方が本土のゴマハゼより一回り小さく、1.5Cm程度なんだそうだ。それが日本で最も小さい魚。
ちなみに大きいのは常識に近いけど「ジンベエザメ」です。これは知ってたけど小さいのって聞くまで知らなかったなぁ。

ところで小さい魚の代表種であるメダカの場合は標準で4Cm程度。大きさを調べていたら「巨大メダカを探せ」ってサイトがあり、そこで紹介されているものは5.5Cmもある。

じゃあ世界でもっとも小さい魚は?というと、フィリピン深海にすむポトコリヌス・スピニケプスと言う魚のオスだそうで6mmほど。オス・メスで分けて世界一と言えるのか疑問だが、この魚をちょっと調べると、何とメスはオスに比べて10数倍大きく、オスはメスに寄生して同化してしまうらしい(@_@;)

オス・メスの区別をしなければ、インドネシア・スマトラ島に住むドワーフ・フェアリー・ミノーという魚で8mm弱ぐらいなんだそうだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/614-c55cec29
該当の記事は見つかりませんでした。