宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

「ビーチウォーカーハウル」というらしい

ルアーは基本苦手だ。
釣れるかどうかというと釣れない気がするし、種類が多くてコストが掛かる懸念。コレクションとして集めるんならそれなりに楽しいかも知れないけど、テレビ番組で竿を数本・ルアーも道具箱にいっぱい並んでいるのを見たら、どんだけ注込めばいいんだ?って思う。

ルアーが嫌いになったのはブラックバスのせいかもしれない。
今や特定外来生物に指定されて駆除対象にもなっているけど、釣り番組などでおちゃらけた釣行の様子を見るたびに、その品の無さが恥ずかしく思うし、バスプロという人達のウンチクがなかなか耳触りが悪い。無茶苦茶な理屈。

バスと言う魚が生態系に大きな影響を及ぼし、在来種の減少の要因であることは明らかな事実だし、キャッチ&リリースってのが嫌だ。釣ったら食べるべきだ。と個人的には思っている。

バス釣りの制限で行場を失いつつあるその道の釣り人達がエギングやアジングなどに方向転換し、今や釣具店ではこの手の竿・リール・ルアーが面積の4分の1ぐらいを占める勢いだけど、釣れない釣りを推し進めていくと、結果的には利用者は減少していくんだろうなと思う。

どうも否定的な内容になってしまったけど、すべてに否定という事でもなく、手軽だし大物を狙えるという事で、自分なりに探究の気持ちはあって、またバスに限らず多種多様なルアー釣りをされる、釣りビションの番組では世界の大型魚を狙う「魚種格闘技戦!」に出演の「村田基」さんは尊敬する人で、何より魚に詳しい。
魚によっては餌だけではなくて疑似餌が効果的だという事も最近感じていて、タチウオなどはルアーの方が手返しとか食い込み反応も良いと思われる。

ヒラメも最近はルアーが有利なのではないかと思っていて、できれば道具を揃えてみたかった。安物だけど竿とリールはあるのでルアーは何が良いのか迷ってたんだが、ISO師匠行き付けの釣具店の店長がとても詳しく、これを買う事となった。
P9220581s.jpg
タイトルの「ビーチウォーカーハウル」

メーカーのサイトは→http://duo-inc.co.jp/saltwater/beach-walker/beach-walker-haul/

ヒラメに特化した製品で、店長の話では圧倒的にこれが釣れるそうだ。先日は釣れなかったけど(^_^;)

動きだけ見ていたら確かに釣れそうで、あとは魚が居るかどうかぐらいの事だろう。

ものすごくヒラメが釣りたいってほどではないんだけど、外海が荒れた時の軽い釣行に打ってつけな気がしている。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/625-52f41028
該当の記事は見つかりませんでした。