宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

大きくなる小物

今日は釣行予定で、あと1時間後に出発するつもりだけどシマアジを狙う予定だ。
まあこればかりは運で、時期としてはいいんだけど、回遊魚なので居たら釣れるし居なきゃ釣れない(あたりまえ)

シマアジ

シマアジというと大きくもなり、全長100Cmになり重量10Kgを超えるようなものを「オオカミ」とも呼ぶが、回遊するこの魚は宮崎ではそれほどのサイズに廻りあう事はなく、沖の船釣りで50Cmぐらいまでだろうけど、以前県北の瀬渡し船の待合所でオオカミクラスの魚拓を見た事があるので居ないとも言えない。ただ、大きくなってもそれなりの群れで動いていると思われるので、彷徨ってきた魚なんだろうと思う。
伊豆大島などで狙われているけど、小さくても引きが強い魚だから、その駆け引きは凄まじいんだろうな。
P6200894s.jpg
大分の水族館で生きたオオカミの姿は見た事がある。想像だけど、多分味は微妙なんだろうな。
シマアジは小さくても美味しいし、写真の魚のサイズは40Cm弱だけど、これぐらいが最高だ。

ロウニンアジ

P9190545s.jpg
秋口に宮崎でも(全国的にかな?)河口でウジャウジャと釣れるこの魚が、成長すると全長180cm・体重80kgにもなると思うと感慨深い。逃した魚がそれほどに成長したら嬉しいな。調べる方法なんてないだろうけど。
南の島で狙われるこの魚をGiant trevally(ジャイアント・トレヴァリー)の略でジーティー(GT)と呼び、大きなホッパーと呼ばれるルアーで狙われる。トカラ列島などの釣行で大型が釣れる釣り番組のシーンは興奮する。

マアジ

P8130312s.jpg
意外とその大きさの記録が乏しいのがマアジで、40Cmを超すようなら大アジと言えるけど、30Cm超でも充分嬉しい。
だけど以前、大分の釣りに行かれた方から凄いアジを頂いた事がある。その大きさは53Cmだった。
その方の話では、一番大きかったのは58Cmだと言われた。
確かその時にちょっと調べてみたけど、大分の佐賀関からの遊漁船で出ると、冬は近場のサバ中心の釣りで、夏場に四国沖まで1~2時間かけて移動し釣るらしく、かなりピンポイントにその大アジが生息しているようだ。
宮崎で釣ったサイズは46Cmが最大。50Cmぐらいまでは成長するんじゃないかな?と思うけど。
ただそのアジ。顔つきは勇ましかったけど味が微妙。まさに大味とはこのことかと言う感じ。釣れ立てだったけどグニャッとした食感で旨味も微妙だった。

もっといろいろな魚を紹介しようと思っていたけど出かける時間になってしまった・・・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/627-95ca8acd
該当の記事は見つかりませんでした。