宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

マツダイ

PA110760.jpg
先日の大分・蒲江の海上釣り堀に行ったときに生簀の中央に浮かんでいた10Cm弱ぐらいの魚、恐らくマツダイなんだけど、今後捕えたときのために記録。触れてきちんと写真を写せたら「お魚」のカテゴリーに昇格させるのだ(^_^;)

一見木の葉が浮いているように見える。多分幼魚のときだけだが。
このような魚を見たのはナンヨウツバメウオに次いで。

http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-306.html

簡単にタモ網で掬えたけど、写真のマツダイは生簀の中央にいて距離があり捕えることができなかった。残念。

幼魚の写真はWEB魚図鑑に宮崎からでも日本海側からでも投稿があるので、割と広域に生息しているようだ。
80Cmほどまで成長して、大きくなるほど黒味を帯び迫力ある顔立となる。

しばし魚の様子を見ていたが、まさに木の葉に擬態しているようで縦ではなくて寝そべった感じでフワフワと浮いていた。でも仕掛を周囲から投入されると、その音に反応するのか向かっていく。案外と捕食の姿は貪欲な感じに見えた。自然な状態なら水面に落ちてきた虫などにサッと近寄って食べるんじゃないかな?

市場で割と高値で取引されるんだそうだ。つまり美味い魚だということだろう。

シーラカンスを彷彿・・・と紹介されているネット上の記載が多い。黒錆びた魚体と眼光鋭い顔立ちのせいだろう。いつか釣り魚として出会える日があるんだろうか。成魚になるほど深場に移動するようだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/652-2d582ee2
該当の記事は見つかりませんでした。