宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

天秤仕掛けについて

23日も船釣りの予定なので、同行のIHさん(船釣り初)のために天秤の極意?

道具を羅列すると・・・

・竿(船竿のオモリの負荷が30~80ぐらいで、サビキ釣りなどと併用するなら長めが良い)
・リール(カウンター付が良い。電動が楽)
・天秤棒(個人的には、パイプの中にクッションゴムが入っているタイプが好み)
・オモリ(30号~100号ぐらいまでを使い分けるが、宮崎の海なら50号中心)
・コマセかご(天秤専用が理想で、ちょろちょろとコマセが出る感じが良い)
・ハリス(3号~8号)※細いほうが喰いはいいけど大物への対応が厳しい。
・ハリ(チヌ針3号~5号ぐらい)

この辺の仕掛の適正は専用サイトをご覧ください(^_^;)

は最近の傾向はツケ餌にはオキアミ(L・2Lサイズ)にコマセはアミエビ(1回の釣行で2角ぐらい)
コマセはオキアミを混ぜてもいいしパン粉も鹿児島あたりは多用されるけど、宮崎ではアミエビ・オンリーの方が多い。

釣り方

魚探に魚の反応がある場合は船長が棚を指示してくれる。カウンターがあるリールであれば、その深さに合わせ仕掛を投入すればいい。船内に同乗者がいる場合は、本来その棚に皆が合わせるのが理想(撒餌がその棚に集まる)
棚が不明なとき(その棚でも釣れないとき)は、最初に底までオモリを落とし、仕掛け(ハリスの長さ)の分だけ巻き上げてみる。
最初は棚を見つける作業が大事で、仕掛は3分程度待って釣れなければ回収し餌が残るか取られるかを確認。
残っていたら1m程度の感覚で棚(カウンターの深さ)を下げていく。
また餌が取られている場合は2m程度ずつ上に上げる。最初に釣った方の棚を確認し、それに合わせるのも手だ。
理想的な棚は3本針なら2本の餌が取られて1本残るぐらい。そのような深さの場所を見つけ、その後は忍耐だ。

ハリスの長さだが、既製品だと4.5mを基準にしているものが多く、宮崎の海には適しているかも知れない。シビアな釣りをするならば、潮の動きが激しくなったらハリスを伸ばし、動かないときは短くするのが良い。磯のフカセ釣りも一緒だけど、いかにコマセの中に餌があるかがポイントだ。ただし短かすぎるとコマセかご周辺には小魚(雑魚)が集まるのでツケ餌もそやつらの餌食になってしまう。
長さを3段階で考えるとすれば、長い場合は6m(4ヒロぐらい)で短い場合が3m(2ヒロ)程度。釣り人が少なければもっと長めでもいいけど、天秤釣りが4名だと、糸絡みの心配も出てくる。

竿は柔らかめのものが反応が良いが、これは波の上下の動きに対してクッションの役割があり、付餌の動きに影響を受けないからだと思う。波の上下が厳しいときは竿を手持ちして、波に合わせて竿を安定するように動かしてやるのが良い。

細目に餌のチェックをするのも好釣果につながるコツだ。餌が取られていたら、何分待っても釣れる事はないし、仕掛が天秤棒と絡んでしまっている事もある(潮が動かないときはこれが多い)
また、コマセが無くなると魚も去ってしまうので、いくら待っていても釣れない。大抵のカウンター付のリールには、仕掛投入後の時間が判るようになっていると思うので、だいたい5分をめどにチェックしてみるのが良いと思う。まあ魚が居れば1~2分で決着がつく。

そんなところだけど、まあ百聞は一見にしかず。1度行って経験する事がもっとも身に付くんだと思うので、その場でまたお教えします。

3 Comments

IH says..."ありがとうございます(^-^)/"
勉強になりますが、とにかくやってみないと(*_*)
ご迷惑をおかけしないように頑張りますのでよろしくお願いいたしますm(__)m
2015.12.20 16:38 | URL | #- [edit]
あらら says..."いえいえ"
釣れればいいんですけどね~。天気も微妙ですので期待はしないでください(^^ゞ
でも楽しみましょう。
2015.12.20 19:19 | URL | #aIcUnOeo [edit]
IH says..."大丈夫です"
天候の問題もあるし、あくまで修行の第一歩くらいで考えてますので(^-^)/
2015.12.20 21:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/719-c0d6471a
該当の記事は見つかりませんでした。