宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

×瀬渡磯(延岡市・北浦)2015/12/23

今季2回目の瀬渡しは、船釣りの予定が中止となり急遽前日決まったのでした。
釣友のKAさんからは大分の米水津に行こうと言われたけど、出港がAM2時だという話にビビり、北浦ならって感じで決まった。
連絡して出発時刻を確認したらAM5:30という事で、余裕目の自宅出発をAM3:00。
私の自宅からは高速の乗り場の西都市まで約30分で、それから高速を1時間半程度。つまり2時間あれば行ける。高速が出来る前なら約3時間だったので、随分とアクセスが良くなった。
PC230262s.jpg
北浦は宮崎と大分の県境です
PC230263s.jpg
瀬渡船「あゆ丸」は北浦・古江港のど真ん中あたり
PC230289s.jpg
※帰りに写した写真だけど、こんなノボリがあるので直ぐ分ります。

さて5時半・・・あれれ予報に反して小雨が降り出したぞ。
PC230268s.jpg
前日が忘年会ピークだったからか雨予報だったからか、釣り人は少なく北浦名物の瀬割(渡船が集まってジャンケンにて時間差で出発する。勝ったほうから目的瀬に向かって早く行ける)では6艇中5番だったものの、割と人気瀬の「地の二つ」
割と沖目だし足場もいいし潮がどちらに動いても釣れる・・・・

と思ったが、雨は激しくなり、潮はふら付いてるし沈み潮でアタリが取れない(T_T)
足元にはコガネスズメダイとキタマクラの集団が見えるが、遠投してもワサッと群がってくるのはキタマクラのようだ。
PC230272s.jpg
時々はハリ掛かりしてくれるが、雰囲気はどこにどうしようとこればっかりって感じ。

PC230271s.jpg
ちなみに!
TEAM YAIBAに会員申請したので、ハリはこれを使ってみた。確かに刺さりがいい感じです。メジナ釣りの基本「短軸・軽量・そして半スレ」。色もいいなあ。

PC230267s.jpg
雨で道糸が竿にくっ付いて操作も難しい。雨の釣りってするもんじゃないな。

粘っているKAさんには
PC230275s.jpg
あちゃ~。やられた。本命じゃないけど嬉しい外道。

私は
PC230265s.jpg
よ~く見てください。誤魔化してますよ(^_^;)サイズは24Cm

足元で2匹これが釣れたのみ。リリースでした。

さて、昼近くになって雨も小雨となった頃、波がだんだん膨らむものの餌取りの反応が鈍くなり餌が残るようになってきた。
潮もいい感じに前に向かって出ていくようになり、さあこれからだろうと思っていた矢先

PC230277s.jpg
波が大きくなって危なそうだから回収~(T_T)

PC230278s.jpg
沖にあるテトラに上げてもらったものの、表(外海側)は雨のせいで足が滑って危なそう。
裏の船付付近で3名で釣る事になったけど、午前中の苦戦で戦意は喪失。

「でっかいイスズミがいるよ~メジナもいるけど」って船長が言い残して行った。なぜメジナの部分が小さい?

KAさんは完全にばてたようで竿も出さず。私はとりあえず出したけど、数投目にグワンとカッタくる感じのアタリがあり、最初はかわせて何とか耐えたものの、そのまま前に向かって走り、底に見えているテトラに強引に入った感じで道糸から切られてしまった。イスズミだよな。

高級ウキ「ゼクト」を飛ばされて私も戦意喪失。

PC230283s.jpg
PC230284s.jpg
こりゃ駄目だ!って表情、難しいな。
2人とも役者にはなれないな(^_^;)

それにしてもずっと雨降ったな。Yahoo!天気の嘘つき。
前日早々に中止を決めた「せいゆう丸」船長の野性的な感覚の勝利(^_^;)
そんな訳で、早めに回収してもらって終了でした。
回収時も丁度満潮時刻で船付のテトラが低すぎて、荷渡しや船によじ登るのに一苦労。踏んだり蹴ったりって感じ(^_^;)
まあ釣れなかったのは天候のせいと慰め合いながらも、目の前に見えていた「沖の二つ」では何度も竿が曲がっていたなぁ。

今回は勝ち負けで言えば、持ち帰り魚がある分KAさんの勝ちかな?
まあ予行練習ですよ。
今週土曜日(記録している本日から考えると、もう明後日だ(@_@;))の串間瀬渡しが本番!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/723-b0d3b7be
該当の記事は見つかりませんでした。