宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

海の事故

昨日のMRTニュースにて


門川で釣り人の男性遺体発見

3月17日 11時45分

16日夜、門川町で磯釣りをしていた68歳の男性が海に転落し、その後遺体で発見されました。事故があったのは、門川町の桃源郷岬付近で16日午後6時ごろ「磯場に釣り具だけが残されていて人影が見当たらない」と、付近を通りかかった瀬渡し船の船長から通報がありました。日向海上保安署や消防などが付近の海上を捜索したところ、延岡市浜町に住む68歳の男性が遺体で発見されました。男性は、家族に「門川に釣りに行く」と言って出かけたまま連絡が取れなくなったということで、男性は転落したとみてくわしい事故原因を調べています。


年に1~2回はこんな事故がある

磯釣りって危険を伴うから単独の行動は本来慎んだほうがいいんだろうなぁ。
事故の被害者というのはだいたい高齢者が多いのも特徴だ。体力と経験値を過信し過ぎている。事故に会う釣り人ってベテランが多いって話も聞く。

私も最近つくづく体力というかスタミナが落ちてきている。反比例して頭が良くなればいいんだけど、これまた残念なことに物忘れとか多い。昨年日向の地磯に行ったときには急な坂を釣具を持って上り下りが地獄に感じた。昨秋島野浦に定期船で行った時も地獄と感じたが、10年前にはそこまで多分感じなかったキツさだ。
そんなだから磯場で踏ん張りがきくはずもなく、瞬発力も落ちているはずだからとっさの対応が出来ないんじゃないかと思う。

回避策としては
・1人で磯に渡らない
・危険を感じる天候の日は行かない
・体調不良の日は行かない

って事でしょう。「釣りキチ三平」の矢口孝雄さんの別の代表作「釣りバカたち」と言う作品の中に「釣り十戒」というテーマ作品があった。どんなだったっけ?危険な行為に対する訓示もあったと思うのだが・・・
子供の頃に読んだけど心に響いたんだよなぁ。

一つ.釣り人は釣り場では全て親友であれ
二つ.釣り人は魚をいたわり自然をいたわれ
三つ.釣り人は釣り場を秘密にすべからず
四つ.釣り人は仕掛を秘密にすべからず
五つ.釣り人は釣果を気にするなかれ
六つ.釣り人は他人をうらやむなかれ
七つ.釣り人は竿を棒きれのごとく大胆に使い 金のタマゴのごとく大切にすべし
八つ.釣り人は装備に細心の注意を払い身体を大切にすべし
九つ.釣り人は水をあなどるなかれ

十.釣り人はマナーを重んじ常に釣技の向上に専念すべし

今あらためて見たら、我が釣りの基本思想はこれに基づいている気がする・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/809-b761c58a
該当の記事は見つかりませんでした。