宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

バラハタのニュース

昨日世間を賑わしたバラハタ販売のニュース
築地で毒魚と知らずにバラハタを売ってしまったというものだが、この話題についてはFacebookの中で結構いろんな方が話題にしている。
さて私とバラハタ(^^ゞ写真を公開したいだけ(^^ゞ
2015050602.jpg
P5020389s.jpg
昨年の喜界島釣行でもっとも興奮した釣果。竿が折れるかと思った70Cmオーバーのバラハタ

食べないという選択は全く考えて無かったけど、1人で食べるには大きすぎるので地元のがほーさんに渡して処分してもらった。
(もちろん食べられた)
シガテラ毒を持つから食べちゃ駄目だという事なんだが、もちろんそのリスクはあるんだろうけど、シガテラ毒についてはこの魚だけでもないので騒ぎすぎで、バラハタについてはほとんどの個体は毒はないけど、稀にシガテラを持っているという認識だ。

さてこのシガテラがあるかどうかという判断だが、バラハタの場合という注釈つきだけど、はっきりと体に黒斑ができるようで、その斑点が刺青のように見えるので「ヤクザ」と呼んでセリに出すのを止めるそうだ(宮古島では)
喜界島のがほーさんの話では、まず見たら判るという。不健康な感じを受けるそうだ。それでも不安ならしばらくハエが集りそうな場所に内臓を置いて置くこと。もし集るなら大丈夫(これ現地の都市(田舎)伝説らしいので信じないでください(^_^;))

ちなみにがほーさんがWEB魚図鑑に投稿されているこの写真
022026.jpg
WEB魚図鑑引用 ※がほーさん。写真お借りします(^^ゞ

こんな個体だと食べるのは躊躇されるそうで、刺青というよりもう全体がくすんでいるけど、これがシガテラ持ちなのか老成魚なのか、はたまた別の理由があってこのような色彩なのかは不明です。

4/15追記
誤解されるとまずいんだけど、食べてもいいよという内容の記載ではありません。
Yahooニュースに記載されている内容だけど、厚生労働省によると、1989(平成元)年から2010(平成22)年の間に、シガテラ食中毒は78件の届け出があり、このうちバラハタによるものが16件と最も多く報告されていることから東京都(中央市場)では規制されているようです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/835-35f8a58d
該当の記事は見つかりませんでした。