宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

338.メガネウオ

レア度★★★☆☆ 宮崎(門川)獲れの魚


ミシマオコゼ科>ミシマオコゼ属>メガネウオ
Uranoscopus bicinctus Temminck and Schlegel,1843
P4241345s.jpg
P4241365s.jpg
P4241384s.jpg
P4241349s.jpg
P4241360s.jpg

普段は砂に潜り眼だけ出しているが、小魚が近づくと少し空いた口から下顎の突起物を出し入れさせゴカイの様に見せる。
眼玉が飛び出していて動くが、その為に眼の周りに窪みができ、それが眼鏡をかけているように見えるので、それが和名の由来ということだ。
量が獲れないので市場での評価は低いようで安いそうだ。以前は練物の材料として扱われていたものの、刺身で食べても美味しいよう。しかし鮮度が落ちるのが早いらしい。頭部を煮ると美味しい出汁が出るという記事もある。
鰓蓋棘(一番下の写真)がかなり大きく鋭い。魚をさばく際はこれに気を付ける必要がある。
千葉県以南の太平洋岸、富山湾、琉球列島。~朝鮮半島、台湾、南シナ海、西太平洋に生息

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/849-ebccfa7c
該当の記事は見つかりませんでした。