宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

340.ギンカガミ

レア度★★★★☆ 宮崎(門川)獲れの魚


ギンカガミ科>ギンカガミ属>ギンカガミ
Mene maculata (Bloch and Schneider, 1801)
P4241344s.jpg
P4241338s.jpg

やっとこの魚を紹介する機会ができた。
釣りにハマった頃(2000年前後)、WEB魚図鑑で見た衝撃的なこの魚のスタイル。投稿されていたのは宮崎の方で、釣り場も宮崎市内海の沖という事で私が主戦場としている場所なのでいつか釣れるだろうと思っていたけど今だに釣れていない。
4~5年前に写真の魚を購入した「マルケイ水産」で初めて見たがその時は購入に至らなかった。10匹近くまとめて置いてあり、案外群れで居るんだなって思ったけど、やっと先日購入する事ができた。釣り魚だったらもっと嬉しいんだけど。

一科一属の魚(ギンカガミ科ギンカガミ属)で分類上他に似たような魚というか親戚がいない魚だ。確かにねぇ。これほど側扁した魚って他に思いつかないが、形も決してスリムはないし泳ぐ速度も遅いと思う。長い進化の歴史の中なぜにこの形で生き残ってきたのか想像もできない。

知った当時に得た知識としては、宮崎はとくによく見かける事が出来る地域なんだそうだが太平洋側に多いものの日本国内でさほど獲れる魚ではなく南方・熱帯域に生息している。漁獲量が少なく市場の価値は低いそうだが、食べるとマアジに似ているそうだ。
大きさは30Cm程度。幼魚の写真もWEB魚図鑑には数点投稿されている。割と内湾にいて産卵もその辺りで行うのかも知れない。汽水域にも入ってくるようでアジ子のサビキ釣りでも釣れるのかも。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/851-1eafe02a
該当の記事は見つかりませんでした。