宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

341.ニセタカサゴ

レア度★★☆☆☆ 喜界島で釣れた魚


タカサゴ科>クマササハナムロ属>ニセタカサゴ
Pterocaesio marri Schultz, 1953
P5041483s.jpg
2016/5/3 約22Cm 喜界島湾トリックサビキ
P5041486s.jpg
上と同じ個体・しばらく水汲みパッカンで活かしていたもの

2016年の喜界島釣行で2種目に釣れた魚。最初にササムロが釣れ、その後続けてこれが釣れた。釣れてすぐの魚を写した時は青かったのに、しばらく活かして綺麗にホワイトボードの上で写そうと思ったら赤みを帯びている。
地元の人は「何が釣れた?」って聞くとアオムロといい、しばらく経った魚を見てアカムロだった・・・と言われる事が多々あるそうだ。
三重県から南の本土でも時々釣れているようだけど、基本的には南方の魚で沖縄が最も魚影が濃いだろう。いわゆる「グルクン」なんだけど、標準和名でグルクンという魚はおらず、タカサゴが正式だがこのニセタカサゴも混同されているようだ。
ちなみにタカサゴとニセタカサゴの区別はかなり細かい部分の確認が必要で、体に走る2本の側線が、1本は背鰭に沿うように走っているか、背鰭からわずかに離れているかの違いだ。写真で見たらタカサゴははっきりと2本の線があるように見えて、ニセタカサゴだと1本しか無いように見える。上記の写真の魚がそんな感じだ。
またササムロなど他のタカサゴ科との魚の区別は尾鰭の両端が黒い事。ササムロだと尾鰭上・下葉に黒色帯があるので一目で違いは判るけど、もしこの違いがないならかなりそっくりな魚になるかも。
30Cmぐらいまで成長するようだ。沖縄ではご承知のとおりグルクンとして食材にされる魚。

ニセって名がが付く魚は可哀そうだよな~。どうも二級品というイメージで見てしまうんだけど、WEB魚図鑑に投稿されている数は、タカサゴよりこの魚が多いので、つまりニセタカサゴのほうがメジャーだと考えたら、名付けのタイミングで逆だったかも知れない。
これ、何か違うぞ?ってことで翌々調べると側線の入り方が違うようだというノリで付けられたのがニセ??不憫だな。詳しい事は判りません(^^

7 Comments

UFS says..."No title"
ニセがつく魚は確かにかわいそうですね。
今度、ニセ特集期待してます。

話はかわりますが、宮崎の釣魚に詳しいあららさんにご相談です。
釣素人の友人からの伝聞で、詳細不明な魚について心当たりがあればご教授ください。

曰く、投げ釣りで釣れた。
小さい魚で5cmから10cmの大きさ。
銀白色で鰓付近に虹色に輝く文様があった。
アジやサバに似た体系であった。
アナゴやウツボのように胸鰭や背鰭がない個体ではなかった。
牙があり、掴もうとすると積極的に噛みつかれた。
噛みつかれた後に傷はできず、痛み刺激もなかった。

上記の証言からどの魚が想像できますでしょうか。
友人も何の魚か知りたがっており、苦慮しております。
見れば一発なのでしょうが・・・。
2016.05.18 13:24 | URL | #- [edit]
あらら says..."何でしょうね"
銀白色で鰓付近に虹色に輝く文様がありアジ・サバに似た体系で、さらに投げ釣りという事は砂地か泥でしょうけど、牙があるというのが想像を逸脱しますね ^^)
歯がある魚というとニベ(オオニベ)の子供かムツかな?と思うんですが、積極的に噛みつくというとまたハテナです。
お役に立つ意見が述べられずすみません(-.-)
2016.05.18 16:57 | URL | #aIcUnOeo [edit]
MS says..."No title"
イトヒキハゼなのかしら。あの仲間は鰓蓋に輝く斑紋がありますしよくかみつきますね^^;投げ釣りで釣れるのも当てはまりますし
2016.05.19 21:23 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."疑問ですよね"
噛みつくという点で最初に思いつくのがイトヒキハゼですけど、

銀白色で鰓付近に虹色に輝く文様があった。
アジやサバに似た体系であった。

という事から、それは対象から外してました。釣り場は合いますね。
やっぱり写真が見たいですね(^^
2016.05.20 06:09 | URL | #aIcUnOeo [edit]
UFS says..."No title"
ありがとうございます。解決しました。
イトヒキハゼで大正解。
素人からみると、イトヒキハゼも銀白色なんだなぁと思いました。
虹色に輝く文様も、斑点が光の加減でそのように見えたのでしょう。
とてもすっきりしました。
2016.05.21 18:57 | URL | #- [edit]
あらら says..."イトヒキハゼでしたか。"
天才MS君の大正解ですね。
積極的に噛みつくというと私もそれしか思い浮かばないんですが、アジやサバに似た体形というのが引っかかってました(^^ゞ
2016.05.22 06:02 | URL | #aIcUnOeo [edit]
UFS says..."No title"
実は私も最初にムツとニベ、セイゴの写真を見せたのですが、違うと言っていました。
幼魚の写真も少なく、なんとも言えないもやもやがあったのです・・・。
とてもすっきりしました。MSさんとサイト運営者のあららさんに感謝です。
ありがとうございます。
2016.05.22 06:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/869-1ec2e97c
該当の記事は見つかりませんでした。