宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

344.ネズスズメダイ

レア度★☆☆☆☆ 喜界島で見た魚


スズメダイ科>ルリスズメダイ属>ネズスズメダイ
Chrysiptera glauca (Cuvier, 1830)
P5041558s.jpg
2016/5/4 喜界島手久津久 約8Cm


観賞魚として恐らく有名なこの魚は、私も名前は聞いた事があるが実際の魚を意識して調べるのは、今この記録をしながら、が初めてです。
この魚も成魚で8Cmほどで、釣りは極小サイズのハリを使って見釣りという事になると思うけど私は釣ってない。確かがほーさんが釣ったものだ。
喜界島でタイドプールや浅い岩場の足元を覗くと結構あちこちに生息している。
見分けが付きにくい黒い系統のスズメダイと違って、かなり明るい白に近い灰色の魚体なので容易に魚名は判る。
幼魚の頃は頭部に2本の青筋があって美しい魚で、また観賞魚としては養いやすい種のよう。さらには浅場に居て手網などを用いて捕獲しやすいそうだ。
文献には関東以南に生息しているような記載があるが、WEB魚図鑑に投稿されている地域を見ると、東京なら八丈島で、あとは和歌山・高知、そして南は屋久島・トカラなどは飛ばして奄美・喜界島より南からの投稿しかない。南の魚だ。分布もちょっと不思議だ。個人的な興味は宮崎に居るのかどうかという事に尽きるのだが、黒潮に乗って本土には居付いている雰囲気はあるので可能性はある。浅場に居る事から船を使ってやってくる可能性もある。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/875-44f51cf2
該当の記事は見つかりませんでした。