宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

347.ヒトスジモチノウオ

レア度★★☆☆☆ 喜界島(沖)で釣れた魚


ベラ科ホホスジモチノウオ属ヒトスジモチノウオ
Oxycheilinus unifasciatus (Streets, 1877)
P5051640s.jpg
2016/5/5 喜界島沖 約20Cm

2016年喜界島釣行2日目の朝(5/5)は船釣りで、初の小魚を餌にする大物狙いという事で、まずはその小魚を確保しないといけない。そのための釣法だが、割と浅いエリアでサビキを使って、ただそれを揺さぶるだけ。撒餌は全く使わない。
この辺が宮崎と違い魚影の濃さがあると感じる部分だ。
狙うのは「オジサン」で、まあポツポツと釣れるのだが、その他にも赤い縦筋がある「ヒトスジエソ」はこの仕掛でよく釣れて、しかも上げる途中に大物が喰ってくることもあるらしいので油断できない。
他にはアカハタ・ニジハタ・マルクチヒメジなども釣れて、案外この釣りだけで充実感を味わえた。ただ気になったのはモンガラ系が全く釣れなかったこと。そして充実した小魚釣りの中でも嬉しかったのがこの魚だ。

ヒトスジエソの場合は中央の縦線が「ひとすじ」の名の由来かな?と思うが、このヒトスジモチノウオの場合はなぜなんだろうと考えて、上記の写真では判りにくいけどWEB魚図鑑に投稿されているこの魚の写真を見たら、かなりはっきりと尾鰭近くに白い横帯がある。
モチノウオと言えば愛称ナポレオンフィッシュと呼ばれるメガネモチノウオが有名で、大きくなるのかと思ったけど成魚で30Cmほどで、属も違うようだ。メガネモチノウオはモチノウオ属で、この魚はホホスジモチノウオ属。
そうなると「モチノウオ」って何だ?って疑問なのだが・・・前行からしばらく、その名の由来を調べているんだけどどうもよく解らない。ちなみにホホスジモチノウオ属の魚としては以前日南市大島で見た「タコベラ」が同じ属。

217.タコベラ

2 Comments

IH says..."No title"
これがですね、もう本当に妬ましいくらいにうらやましかったのですよ。
モチノウオはミツバしか釣ったことがないし、しかもこの個性的な顔立ち...すげぇ釣りたかった~(泣
2016.05.21 22:29 | URL | #- [edit]
あらら says..."これきっと直ぐに会えますよ"
WEB魚図鑑を見たら思いのほか投稿が多いようですので、きっと割と釣れる魚なんだと思いますよ。
また来年の目標にしてください(^^ゞ
2016.05.22 05:59 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/879-d23bb12b
該当の記事は見つかりませんでした。