宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

348.セナスジベラ

レア度★★☆☆☆ 喜界島で釣れた魚


ベラ科>ニシキベラ属>セナスジベラ
Thalassoma hardwicke (Bennett, 1828)
P5051699s.jpg

P5051696s.jpg
2016/5/5 喜界島ハワイ 約18Cm


南方の島に行けば魚がカラフルだよなって言われるけど、この魚などはまさにその代表だろうな。
描けば赤・青・黄・緑・黒・白の絵の具が必要な魚だ(^^ゞ
魚の色が進化の過程でその色彩を纏う(まとう)という事は、その環境を模すという事だと思うけど、この魚の場合は何を模したのか?確かに釣れた場所は海藻が生えた浅いエリアだったが、そんな所に潜んでいたらピッタリの擬態なのかも知れない。

ニシキベラ属の魚達は、恐らく釣場の足元に案外多く潜んでいて、カラフルな割にはしっかりと擬態してるんじゃないかと思うけど、宮崎だとニシキベラはとても多い印象で、ついでオトメベラ・ヤマブキベラという順に生息している感じだが、喜界島のハワイに行くと一転この魚が幅を利かせている感じだ。宮崎で私は釣った事はないが、WEB魚図鑑には水中写真だけど投稿がある。
WEB魚図鑑への投稿は、北は和歌山県串本からあるが、多くは沖縄・奄美で、ほんとのハワイ(米)やグアムからも。
サンゴ礁と海藻がある場所が生息地なんだろうと思う。

その色合から観賞魚としての人気もあるようだ。丈夫で飼いやすいそうだ。
ベラ科・ブダイ科の魚は雄雌で模様(様子)が違う場合が結構あるけど、この魚はいずれも同じような模様のよう。

こんな感じで模様がある魚が釣れると、つい興奮しちゃいます(^_^;)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/881-e8c87cf4
該当の記事は見つかりませんでした。