宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

350.チョウハン

レア度★★★☆☆ 喜界島で見た魚


チョウチョウウオ科>チョウチョウウオ属>チョウハン
Chaetodon lunula (Lacepède, 1802)
P5051732s.jpg
2016/5/5 喜界島ハワイ 約15Cm


一見チョウチョウウオのようだがちょっと違う。最後に比較写真を掲載したいと思う。
千葉県以南に普通にいるようだが、さすがにこのおちょぼ口の魚は早々には釣れないようでWEB魚図鑑への投稿も微妙な数だ。
宮崎では図鑑常連のT先生がサンマリーナ宮崎や内海で撮影されたものを投稿されている。
チョウチョウウオになると数が多いがこの魚は絶対量が少ないと聞く。いるにはいるが釣れるのは稀と考えたら、写真のIHさんが釣ったこの魚。とても羨ましい。

他の、この魚の名と違ってチョウハンという呼び名が気になる。何なんだ?なぜ○○ウオとかではないんだろう・・・
調べてみるとチョウハンは漢字で「長範」で、これは人名だ。熊坂長範(くまさか ちょうはん)という平安時代の伝説上の盗賊で、牛若丸と闘い敗れたことが有名だけど、その姿を描かれると決まって頭巾をかぶっていて、これが「長範頭巾」と言われる。
その頭巾の様子が魚の眼の上の白いエリアの雰囲気に似ている事から名が付いた・・・らしい。ほんとかな?
これまた築地で付いた名だと考えれば、近くの銀座歌舞伎座あたりで見た熊坂長範の姿と魚がダブった歌舞伎好きな市場関係者がいるのかな?なんて事も考えちゃうけど、真実は如何に。

けっこう大きくて成長すると25Cmほどまでになるようだ。その姿から観賞魚としての取引が盛んな魚だ。成長具合で価格も違うみたいだが、相場は2500~5000円程度かな。似ているチョウチョウウオと比べたら倍ぐらいの価格設定のようだ。

チョウチョウウオの仲間は写真の見栄えもいいので、もっと釣ってコレクションを増やしたい。

上チョウハン・下チョウチョウウオ
P5051732s.jpg
IMG_4777.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/883-3526a086
該当の記事は見つかりませんでした。