宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

◎アオギス狙い(福岡・行橋)2016/5/28

火曜日の夜のお誘いで急遽決まったアオギス狙い。
何せ遠距離なので成果は出したいけど相手は絶滅危惧種だし釣れる確証はない(^_^;)

まあそれでもネット社会というのは便利なわけで、事前に探れば探るほどに様々な情報は入手できる。自分自身の過去ログ&勉強部屋のつもりで投稿しているこのBLOGも、もしかしたら時々は見て参考にして頂いている場合もあるかも知れないと思うと、きちんと記録しておかなきゃと思う。

そんな訳で火曜日には「中津に行きましょう」という話だったが、前夜「行橋にしませんか?」って連絡が入った。
ネット情報を探る内に野性的な閃きがあったようだ。IHさんのこの臭覚には真に恐れ入る。こうやって狙いの魚を仕留めていかれてます。私のように夢見るジジイとは一味違うんだけど、まあその閃きに便乗して今年は釣ってやるって感じです(^^ゞ

P5282026s.jpg
AM3時に待ち合わせの上IHさんの車で出発という事で、集合場所に行く前に道具と餌の調達。
餌はゴカイ50gと青ムシ30gに写真の仕掛を手持ちに追加。私は投げ釣りでも専用の竿を持ってないので磯竿に軽めのオモリをセットして投げているけど、遠投するとなるとちょっと貧弱ながら竿の柔らかさでそこそこには飛ぶし、その軟らかさが魚の食い込みには適している気がする。アオギスとは言え、普通のキス狙いの仕掛となんら変わる事もないとも思っている。
ただ昨年、中津に行った時はどんどんハリがとられたからフグは多いんだろうと想像してハリスガード付(フグの歯対策)の表記が目立つ写真の仕掛けを買ってみた。基本余分なものは付けない主義なんだけど。

ちなみに昨年の釣行記→ ×アオギス狙い(大分・中津)2015/7/19

九州の広い範囲で終日雨という予報の中、道中も激しい雨が降っていて心配だったが、一応行橋は明方7時ぐらいまでは雨で、その後はずっと曇り予報だったのでそれを信じて。
別府インターから先は工事のため通行止めという事で、ちょっとしたトラブルもあったりして目的地に到着したのはAM7:30だった。トラブルが無ければ3時間半~4時間というところだろうか。
雨は丁度小降りとなり、海も今から上げてきますよって雰囲気。風も無風でベストコンディション&タイミングだ。
P5282030s.jpg
浜の入口に小さい神社があり、まずは目標達成祈願。大判振る舞いの100円。この額でどーでしょうか?神様(^_^;)

P5282033s.jpg
最干潮ならずっと干潟が見える景色なんだろうが、さほど高くもない波止の内側はまだ砂地が見え、外側は遠投しても水深が1mもあるんだろうか?という場所。雰囲気はあるんだが魚が居るんだろうか?

P5282035s.jpg
波止の先端に入らせてもらった。IHさんの心遣いです。誰の目で見てもこちらの方が条件が良さそうだが、先に荷物を運ばれて、自分の場所は途中で確保されて「先端に行ってくださいっ」って。・・・お言葉に甘えます。
釣座に行くと我先に、という人も多いが、この辺の謙虚さってきっと報われるものだと私も常々思ってます。いや本音としては本命場所で釣れない時の怖さというか、大人の余裕を見せたいというかカッコつけというか。
IHさんはカッコつけではなく、根っからの紳士なんです。

海の様子を見ると、遠投して届くぐらいの範囲にはナブラがあるし、足元にはゆたっとアカエイが泳いでいる。生き物の気配でモチベーションも上がります。

釣りを開始した8時過ぎから約30分弱。最初の一投目は竿2本ともに餌が取られてフグにしろなんにしろ魚が居る事は確認でき、沖に見える深場と浅場の境らしきところを狙った2投目。10分近く放置した竿先が揺れる。

雰囲気は小魚の突き。

何度かピクン・ピクンと動くが何か乗っているかも知れない。

集中して様子を見ていると、ちょっと大き目のアタリがあって、すかさず合わせてみた。

乗ってますよ~お魚

まあまあサイズと思しき、キスらしき姿。しかも一荷(2匹)だ。

とりあえずキスゲット。でも普通のキスだよな。

P5282036s.jpg

でもでも、ちょっと青いかも。まさか?

もう1匹は

P5282043s.jpg
ちょっと汚れちゃってるけど、これが20Cmで上の魚が23Cm

シロギスっぽいけどアオギスにも見える

P5282056s.jpg
えっと。たぶんこの背鰭の黒斑ってアオギスの特徴じゃなかったっけ?

奥で釣っているIHさんに

アオギス釣れたかも!?(^_^;)どうでしょ・・・

おおお!って感じです。

・・・・徐々に、徐々に・・・・興奮。喜び湧き上がる感覚・・・・

そしてもっとも遠投していたIHさんもスコッと竿先が入ったようで

P5282046s.jpg
キスだと観察ケースのほうが写真映えするなぁ。
IHさんはこのパターンで写真を残されてます。
魚によってホワイトボード上での鰭の様子はまちまちだけど、水中なら綺麗に立ててくれる場合が多いのです。

あっという間に3匹釣れ、IHさんが今回は人海戦術(竿数勝負)と連れてこられた同行者も、何気に入れた波止の内側にて2匹追加。

更に私も
P5282061s.jpg
22Cm追加。内側で釣れたのを真似てみた。

雰囲気的は潮が上がってくるにつれて、干潟だった浅い場所に捕食で登って行っている感じだ。

ほんとにアオギスなのか??持っていっていたタブレットで確認しても、間違いなさそうだ。
ちなみにシロギスは(過去に写した写真↓)
008413s.jpg
比較すると顔が長い(気がする)、背鰭の小黒斑や腹鰭が黄色い。尾鰭前のくびれが大きいという感じ。
これでも確証が持てないまんまなんだけど、まあ恐らくアオギスでしょう。という意見はIHさんと一緒。

合計6匹。割と短時間で釣れ、しかもアオギスしか釣れない(^_^;)

もう興奮はだんだんと増してIHさんと喜びを噛みしめる。
ただ同行者は???って感じ。実際地元の方が後に入ってこられ釣果を聞かれてアオギスばかりと伝えたらがっかりされた。
味の評価としてはシロギスの方が高いし、絶滅危惧の意識って特定のマニアだけだろうしなぁ。

ねばればまだ数匹の追加はできたと思うけど、もうミッションは完了したし、IHさんの提案で別の場所も調査移動する事にした。

ちなみに結果は最後に2匹の外道を追加
P5282050s.jpg
ヒメハゼ?昨年も釣れたがゴミが引っかかったぐらいの感じで達成感が持てない魚です(^_^;)
P5282063s.jpg
クサフグ。餌取の首謀者だろうな。

せっかくの行橋なので

P5282070s.jpg

駅の近くにある「三徳ラーメン」
大好きなラーメン店です。

以前この地に仕事で行った事があり、2回ほど食してますがいつも満足。
P5282073s.jpg
味噌おでんが有名。ラーメン&おでんセット。
食べたら判る物凄く優しい味。モチモチの麺と合わせこの店ならではの味わいです。

もうアオギスも釣れたし好きなラーメンも食べたし。だけどまだ午前中・・・・

中津に移動。昨年行った中津港。事前の情報ではサヨリが釣れていて、ヒラ(という魚)も。
ヒラ釣りたいがどんな仕掛けだ?

P5282077s.jpg
表層にサヨリは見えない。
途中で寄った釣具店でもサヨリは活性が悪くなったように聞いていたので、とりあえず投げ釣りにて。
防波堤内側のスローブ付近に大きなチヌの姿も見えるけど・・・

時々ビクンと竿先は揺れるけど、だんだん雨が落ちてくるし釣れる気配が無い。
どうしたものよのう~

IHさんの帰りますか?に同意。

P5282079s.jpg
IHさんの粘りの1匹。イダテンギンポかな?これ噛まれると血がでます。

そんな感じで午前中に全精力を使い果たし、午後はだらんと過ごしたものの、思い出の日になりました。
なんてったって釣りたい思いは10年の魚が釣れたもんな。
あっけなかったけど。

場所・時期・仕掛のすべてがマッチした成果と言えるけど、もしかしてこの地域は普通に釣れるのか?
でもWEB魚図鑑への投稿は極めて少ないので簡単ではないんだろうと思っている。

とにかく釣れちゃいましたアオギス!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/889-be935b33
該当の記事は見つかりませんでした。