宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

鮎解禁

早くも5月末日で、年間スケジュール的には鮎師の方々との交流が楽しみな時期です。
明日(6月1日)という地域が多いと思うけど鮎の解禁は漁協が仕切っていて、宮崎の場合だいたい1日だが、10日という地区もある。漁協によって鑑札もまちまちだけど、有名処としては五ヶ瀬川で年券1万円・日券が4000円(高っ!)
人気があると思われる一ツ瀬川で年券4000円・日券が1500円だ。
IMG_5230s.jpg

全国的に知名度の高い熊本の球磨川が通る人吉にバラ師匠(人生の師)が住んでいて、そこにオフ会メンバーのチャップさんや勝三郎さんなどの鮎師が集まってくるので、私は釣らないけど飲み会に参加というかお誘い頂いている。
全国を渡り歩く鮎師の方々は、だいたい解禁の拠点を持ってらっしゃって、その後、年に数度の遠征をされる感じだが、球磨川については尺鮎が釣れる地として有名で多くの釣り人が集まる。
IMG_5228s.jpg
そこでオトリ鮎を養殖する商売も成り立っていて、写真のような、とても釣具店には見えない民家のような場所にSHIMANO・DAIWAのノボリがずらり。これがオトリ鮎が置いてある証だ。

まあ何につけても釣り人を魅了する鮎だが、私自身は2回連れて行ってもらった事はあるものの、のめり込めていない。もっとも大きな理由は道具の高さかな?竿の価格が一桁違う。なぜに高額かというと軽くて長いから。

釣りもしない私が鮎のウンチクはやめておくけど、お隣さんも鮎師で明日の到来を心から楽しみにされているようだ。
先日の話でもこの日ばかりは仕事は休みを取得されるそうで(会社員だけど)、全国にそんな方が多いのでは?

明日の夜、人吉で飲み会に参加の予定。飲んで翌朝また宮崎での仕事というのが辛いけど、年に1~2回しか会えない釣りを通じた知人に会えるのは楽しみ。釣り友は何のシガラミもなく愚痴のこぼし合いとか釣り談義で純粋に盛り上がれるので(^^ゞ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/892-d83458bd
該当の記事は見つかりませんでした。