宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

361.ドンコ

レア度★★☆☆☆ 宮崎の淡水魚


ドンコ科>ドンコ属>ドンコ
Odontobutis obscura (Temminck and Schlegel, 1845)
P5081914s.jpg

P5081909s.jpg
2016/5/8 実家の溝にて捕獲


宮崎の淡水魚は数えるほどしかいないと聞く。子供の頃は川が遊び場で魚が友達という感じだったけど、居たのはコイにに始まってフナ(恐らくマブナ)・ゴロイ(カマツカ)・イダ(ウグイ)・ハエ(オイカワ)・ムッゴロ(カワムツ)・メダカ・ガマキン・イブキン。
括弧書きの魚は標準和名が判るけど、ガマキン・イブキンって何なんだ?って今だに思っていて、写真の魚が子供の頃に捕まえていたガマキンになると思う。ただもっと頭が広いイメージもあるのだが。
ちなみにガマキンとイブキンの違いは、サイズの差もあるが吸盤を持つかどうかで、ガマキンは大きく吸盤はない。
ただガマキンにも2種類あって、かなり大きい迫力あるタイプと、そうでもないタイプで、これまた今考えると別種だろうと思う。

さて写真の魚だが、喜界島から自宅に戻る道中、フェリー乗り場から自宅は150Kmほどあって、その中間ぐらいの場所に実家があるので立ち寄ったんだけど、捕まえたカワムツとドジョウを養っている水槽の中に見知らぬ住民がいて、お袋に聞いたら弟が数日前に庭にある溝で捕まえたんだそうだ。庭の溝は川に通じており、溝にグッピィも繁殖してしているのでそれを狙って上がってきたんだろうと思われる。

数日後に実家を訪れた際にもこの魚は元気にしていたが、捕えて3年以上も元気だった同居のドジョウがかなり弱っていて、雰囲気的にはコヤツが悪さをしているようだったので、ドジョウは別の水槽に入れ、また数日後には元気を取り戻していたので安心したが、ずっと大きなサイズのカワムツにもチョッカイを出すのが見られた。グッピィを5~6匹入れてみたが、翌日は姿を消したようだ。
獰猛な肉食魚だと判るけど、いつもグッピィを犠牲にするのは忍びないのでウーパールーパー用に準備してある赤虫を与えている。

分布は愛知県・新潟県~九州。韓国巨済島。
韓国巨済島(コジェード)って釜山の近くの島で橋でつながっている済州島についで2番目の大きさの島だ。きっと韓国においては調査が進んでないだけで居るんだろうなぁ。
卵は孵化するまで雄が守るんだそうだ。川の上流域~中流域に見られる。大きい個体で20Cmほど。

3 Comments

IH says...""
韓国にはコウライドンコってのがいなかったかなぁ~
2016.06.09 08:24 | URL | #- [edit]
IH says...""
あとイブキンは、カマキリかな~
2016.06.09 08:25 | URL | #- [edit]
あらら says..."コウライドンコ"
ドンコ自体が地域で特徴が異なるようですので、コウライドンコっていうのが韓国産ドンコ派生タイプなのかも知れないですね。ネットで見つけましたけど似ているようですし。
イブキンは朝は調べる間が無かったんですけどヌマチチブかも知れません。
大きなガマキンと思っていたのがもしからしたらカマキリかもです。
2016.06.09 13:38 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/903-c6762772
該当の記事は見つかりませんでした。