宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

364.バラタナゴ属

レア度★★☆☆☆ 柳川(福岡)の淡水魚


コイ科>バラタナゴ属
Rhodeus
P6122146s.jpg
2016/6/12 約2.5Cm


まずは、日本淡水魚類愛護会の、タナゴの同定のサイトを見てみる。
消去法で絞りこんでみたい。

全18種のタナゴの中で、側線が完全か否かで別れる。側線が不完全なものはミヤコタナゴ・タイリクバラタナゴ・ニッポンバラタナゴ・スイゲンゼニタナゴ・カゼトゲタナゴ・ゼニタナゴ

写真の魚は髭が無いか、短いのいずれかだと思うが、タイリクバラタナゴ・ニッポンバラタナゴ・スイゲンゼニタナゴ・カゼトゲタナゴ・ゼニタナゴ・イタセンパラが該当。

分布で考えるとスイゲンバラタナゴ・ゼニタナゴが排除される。残りはタイリクバラタナゴ・ニッポンバラタナゴ・カゼトゲタナゴになる。

ここで大阪府立環境農林水産総合研究所のサイトにあるニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴの区別点というのを見ると胸鰭前縁に白線があるのがタイリクバラタナゴで、無いのがニッポンのようだが・・
P6122146s_2016061604414851e.jpg
わかり難いけど白線は無いかも。つまりはニッポンかカゼトゲ?
カゼトゲタナゴは背鰭の起点よりも前から縦帯がくっきりスタートするのに対して、ニッポンとタイリクは背鰭起点の後ろからぼんやりとスタートするそうなので、もはやこれらの事を勘案すると、選択としてはニッポンしかないんやなかろか?
なんて思ったりしたけど、どうもニッポンとタイリクは交配が進んで訳が判らない状態らしいので、とりあえずバラタナゴ属ということで。

ちなみにバラタナゴのバラは「薔薇」で、産卵時期に出す婚姻色の美しさから付いた名だそうだ。
この婚姻色だが、水槽で養っているとさほど美しくないけど、天然魚の色はとても綺麗なんだそうで、柳川に向かう途中にIHさんがそんな魚が獲れたらいいなぁと話してくれました。次回は見れたらいいな。

2 Comments

MS says...""
悩ましい・・・カゼトゲタナゴかな?以前たくさん飼ってましたよ^^
2016.06.17 00:22 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."カゼトゲタナゴ・・・"
まあ結論を出せない感じはしますけど、BLOG書いてて属にとどめていたのはカゼトゲカサゴかな???なんて思っていた部分もあるんです。
これも次回に持ち越し(^^ゞ
2016.06.17 03:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/914-06a5ea69
該当の記事は見つかりませんでした。