宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●雑魚狙い(日南市・大島)2016/6/27

久しぶりの好天に恵まれた日曜日。天気が良いのはいいが、この時期陽射しも怖いけど(^^ゞ

P6266959s.jpg
大島に2つある港の中でも内側の「小浜港」にて。
下が砂地なので根掛かりしません。何釣りでもできるけど、魚種集めを意識して投げ竿3本&小型ウキ釣り。

AM7時ぐらいに定期船乗り場に到着するや、初対面の釣人に声掛けされた。
「ブログ見てます」って、これで3度めかな(^_^;)それにしても嬉しいんだけど驚く(^_^;)
その方も小浜の釣り。

まずウキで釣れるのが、防波堤内コーナーに群れているこれ
P6266945s.jpg
これを餌にしてみようと、数匹確保(^_^;)
P6266963s.jpg
壁に寄せすぎるとこれが勢いよく喰らいつく。模様が嫌い(-_-)


投げ竿の1つが結構勢いよく頭を振った。やった!・・・・あれ外れたかな?
P6266950s.jpg
ええええ?こんな小さいダルマガレイ?これがあんなに引いたの?

P6266964s.jpg
外海向きは反応が鈍いので、内向きに変更。餌はすぐに無くなる。キタマクラかな?

引きずってみると
P6266974s.jpg
オキエソはいつも多いな。この場所

P6266965s.jpg
師匠のフカセ釣りも不発。オヤビッチャ軍団に太刀打ちできないようです

P6266967s.jpg
サビキをするとアジ子はコンスタント
ただ入れ食いというほどではなく群れが寄ってきては釣れて、直ぐにいなくなる。ボツボツという感じでやっと50匹ほど確保(食材です)

P6266997s.jpg
引きもしなかったが餌のチェックで巻き上げてみたらこの一荷

お!一匹はアオハンじゃん
P6266979s.jpg
個人的に「輪ゴム口」と呼んでいるネズミゴチは背鰭に青斑点があるんです
P6266980s.jpg
とても深くて綺麗な青

もう一匹は
P6266986s.jpg
P6266988s.jpg

いつも気にしているので、なぜにこの違いがあるのか、変異なんだろうけど結構割合が高い。
ネズミゴチの模様は雄と雌で違うけど、写真の魚達は雌型だろう。青班は雌ばかりであるようだ。
以前は別種なんだろうかと思っていたけど、一荷で釣れた魚の背姿を見る限りは一緒だ。
仮説だけど、産卵が近づく一定の時期に色が変わるとか?ホルモンの影響とかで。
それにしても口元の色と、背鰭の斑点の色がセットで変わるんだな。誰か研究されてるんでしょうか?
魚の研究って、それがお金に結びつかないとなかなか手を出せない事が多いようで、この辺は手つかずかも知れないな。

そんな訳で、最も個人的に興奮できたのはこの「ネズミゴチ」でした(^_^;)

さて最初に声掛けしてもらった釣人は、大きなメジナを2匹、釣り上げてました。以前チヌも50Cmオーバーを同じ場所で3匹釣ったんだとか。意外な場所でした。ピンポイントかも。今度真似てみよ(^_^;)
※釣れているのは上手な方だからでしょうけど・・・・

陽射しに負け、早々の退散。2時半の船で戻りました
P6267003s.jpg

湾の奥にソーダガツオの群れがいた。アジ子の群れが大きくないのはコヤツらが追い掛け回すからかもしれないな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/926-5f6bb88b
該当の記事は見つかりませんでした。