宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

青物の季節

いろんな魚を釣りたいが「季節の魚」というのも外したくない。秋になれば青物廻る季節。

宮崎県漁連が紹介している宮崎の秋と言えば「伊勢海老」「アジ」「イワシ」で、伊勢海老は魚じゃないから食への興味はあっても釣りたいとは思わないし釣ったら駄目だし(^^
PA070659s.jpg

昨年は10月に釣り友の集まりがあって、私が伊勢海老を手配して刺身や味噌汁を堪能したが、写真の量で1万円分。
写真で大きさがわかり難いでしょうが小振りです。だけどなんと31匹もいて、とんでもなく下処理が大変でした。満足はしてもらえたけど。今年も予約してます(^^

タイトルから反れたが、「青物」の季節なわけでして、私が頭に浮かぶ秋の魚は「ブリ※ハマチ」と「カンパチ」なのであります。

まあ特にカンパチだろうか。

最近の噂話では、カンパチとメジナは今年はとても宮崎では多いようで、確かに先日の防波堤でカンパチ子が釣れたし、せいゆう丸でも出たら連日釣れていた。
P8277516s.jpg
PA040022.jpg

まあまあの群れで動くブリ※ハマチに対して、この魚は小さい群れじゃないかと思うけど広域にいて、どのタイミングでドスンという引きがあるかわかり難いが、それに備えて待機しておかないとトルクもあるので悔しい思いをする。

カンパチを狙って釣っていたのはジギングに誘われていた14~5年前かな?
今のようなライトジギングってやつではなく、ジグは150g以上ぐらいのもので、とにかく落としてシャクりながら巻いての繰り返しで半日も経てば腕はパンパンだし体力勝負の釣りだったけど、ヒットポイントに入ると落とす事に魚が触る。そしてかなり高速で巻き上げる力に対して真逆の引きがあるので、まさにドカン!というアタリ。これが病みつきになる。

最近のライトジギングとか、タイラバってゆっくりとした巻き取りで、アタリも???乗った!?って感じで当時のジギングの醍醐味ではないが、ジギングは結構釣れた。ルアーは苦手だけどジギングは好きだった。

最近ショアジギング、つまり岸からのジギングってのを流行らそうという思惑があるような釣具界の動きも感じ、また竿とかリールも高級品がズラリと並んでちょっと気持ち悪いが、個人的には擬餌餌よりはリアル餌が簡単に釣れると思っているのであまり興味がない。だからカンパチを狙うとすれば小鯵が居る場所で鯵餌で釣るというのがもっとも確率が高いし簡単だろうと思っている。
博打のような釣りよりはちゃんと魚が釣れる釣りをしたい。
以前から気になる釣具界の仕掛。ブラックバス?エギング?ロックフィッシュ?そしてライトジギング?
何度か嫌味を言ったような気がするが、一握りの達人を育てる事ができるかもしれないけど多くの初心者釣り人が飽きて見向きもしなくなるんだろうと思う。結局首を絞める行為だと思う。

まあカンパチは生餌釣りが楽しいと思うのです。
竿先がビクビクとしなりだして、心の中で「まだだ、待て待て」って唱えながらドスンと竿先が突っ込んだタイミングで合わせるんです(^^

2 Comments

がほー says...""
たしか伊勢海老の下処理は私がしたような。
喜界島では伊勢海老は釣りはもちろん潜り漁でも禁漁期間(5/1~8/20)以外ならOKだ。
但し、漁協の許可(年10,000円の入漁料)は必要となる。
今年のオフ会は参加できそうにない代わりにお土産を贈る予定。
2016.09.20 23:38 | URL | #- [edit]
あらら says..."伊勢海老"
昨年の伊勢海老って初日に半分は私が居ない間に食べられて、後半は私が下処理しましたよ~(^^
いずれにしても大変だったなぁと。
喜界島は夜中に海岸線を歩けば居そうですもんね。

今年のオフ会は不参加ですね。私も途中からの予定ですが。
お土産楽しみにしてます!!
2016.09.20 23:51 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/984-caea6b64
該当の記事は見つかりませんでした。