宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

WEB魚図鑑の内乱

WEB魚図鑑にて、10年来魚の同定を前任者の小西さんに変わって強力にバックアップされている天才MS君が、著作権や仕組みの不満から抜けようとしているのだが、まあ気持ちは判らない事もない。だけど根本的に間違っている部分があると感じるのでこの場で私の意見をば。

WEB魚図鑑は皆で魚の写真を集めてワイワイ同定などを行ってデータベース化していこうというサイトで、皆が楽しめるようにMY図鑑とか似たもの検索とか、ボランティアで開発ができる身内の仲間が機能を追加していったもの。
そしてかなりのボリュームが出てきてその量に追いつけなくなってシステムの改修も必要になって全面改装しているわけだが、この際に思い切って会社を立ち上げられて、いろんな応用が出来ないかを模索しているSNSの1つなわけです。
会社にした理由は、その仕組みを何とか世の為に生かしたい。そしてそれで稼ぐ。生活をすることなんです。

根本的な事は、無償でこの場を提供してもらっていること。利用者はこの「無償」に対する敬意が必要です。

何かに例えられないかと思ったけど、車かな?
あるメーカーとテストドライバーの関係で考えたら、車のテストを君に依頼されたとしましょう。車好きの君は喜んで引き受けると言いました。そしてそれを乗り回します。だんだんと不満ヶ所が見えてきます。それに対して意見するのは当たり前だけど方向性が変わってきたらどうだろう。
メーカーは安全が第一の車を作りたい。君はスピードが出る車が欲しい。もっとエンジンを改修しろという。メーカーは資金の問題も方向性も違うので対応ができない。ましてやスピードを出す方法も知らない。
そんなんだったらテストドライバーやめるぞ←今ここの段階。
とても優秀なドライバーだから皆ヤメテ欲しくないんだけど、そう言われるんならしょうがない・・・とも思う。なにせ報酬も払ってないわけだしね。
問題なのはこのメーカーを「某メーカー」は車のスピードを上げられない会社だとののしる事。これは駄目でしょ。意見が違うだけなんです。「某」の使い方も間違っている。
メーカーが君に依頼したのは、君が優秀である事と同時に君の飛躍を願っての事なんですよ。我が社では報酬が払えないけど、このテストドライブを続けてもらううちに拾ってくれる研究機関があるんじゃないかという親心もあるんです。
君のドライブテクニックに敬意を感じている人も、乗り越えたいという人もいます。君が抜けたら次のドライバーが現れるだけなんだけど、たぶん君のスピードには付いていけない。だけど君の座を狙う人は沢山います。

君がやらないといけないことは、スピードテクニックに磨きをかける事であって、スピードを上げられないメーカーを叩いたり、ましてや内情を知らない他社への冒とくもね。いろいろと腐った意見を述べたり不平不満をぶつけているけど、そんな事に時間を費やすのはもったいないと考えるべきです。

著作権についての私の意見
ネットの著作権って難しいんだけど、流用を防ぐには自分で守るしかない。見せたいならそのリスクは覚悟しなきゃ。どうしても嫌なら投稿しない。それしかないんです。
私も数か所に文句を言い、削除してもらってます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/988-9f419aee
該当の記事は見つかりませんでした。