宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

船のサビキ釣りのこと

他の地区がいかような釣りが根付いているのか定かではないが宮崎の基本の船の仕掛はサビキだ。
今ではジギングや天秤なども多いけど、何よりも釣れる時には手返しもよくて効率が良いのがサビキなのだ。
波止・港のアジ子狙いのサビキ釣り(ファミリーフィッシィング)で釣るのを経験された方も多いと思うが、それが沖に出ると大きなアジに変わる。
条件が良いと港のアジ子のように数珠なりで大きなアジが釣れる事もある。

対象魚はアジ(マアジ)だが、サビキは万能の疑似餌でマアジ・チダイ他、メジナ・マダイなどいろいろ釣れる。
最近ライトジギングやタイラバが流行って、大きなマダイがよく釣れるけど、個人的には飽きている。
タイラバはマダイ・アカハタ・オオモンハタ・カサゴが釣れると言えば釣れるんだけど、ポイントで数釣りできない。粘って粘って数匹という1日の釣行だと思うが他魚が釣れないし数も少ない。擬餌としてはサビキが最上級だと思っている。

船釣りを始めた20年近く前に、ネットで「宮崎・日向灘 船サビキ釣り」というサイトを見つけ、その運営をされている流星号さんと知り合いになって、その流れからせいゆう丸有馬船長とも出会った。当時会社員の有馬船長も宮崎の各地区に船を係留し保有されている船は4~5艘だったけど、とんでもない人がいるなと思った。流星号さんにはサビキのイロハを教わり、有馬船長には日向にて船キス釣りを教わった。

もっとも記憶にあるサビキ釣りの思い出は、夜中に水深が5~8mの場所に行って、浅いので直ぐに底に着くしシャクれないけど、真横に振動を与えるように竿を振ると、40Cm近くあるようなマアジが5~6匹ずつ釣れる。1時間ぐらいの間に50Lのクーラーボックスがイッパイになった。もう釣りというより漁だ。

夕刻にメジナが入れ食いになった事もある。40Cm前後のメジナが2~3匹付いてくる。激しく抵抗するし鰭で仕掛が切れるので、どちらかというと迷惑な魚だった。

サビキ釣りの話題をしだすと切りがないが、とにかく面白い。船を持ったらまずはサビキなのだ。

さて先日の船釣りの際に、青島の手前の「365釣具エサ店」にて、サビキの情報を頂いた。
最近はサビキの材料というとケイムラが流行り、代わりにウーリー糸のサビキを各メーカーが作らなくなっているそうで、自作しないともはや「ウーリーミックス」が無いという状態。「宮崎・日向灘 船サビキ釣り」のサイトには丁寧に「ウーリーミックス」サビキの作り方が書いてあり、これを真似て、時には講習を受けて自分で手作りしていたんだけど、さすがにこれを持続して作る根性もなくなり、市販品を使う事が多かったんだが、宮崎仕様としてとても出来のいいサビキが出回っていた。
宮崎仕様とはエダスが短く絡みにくいものだ。宮崎独特の二枚潮でグシャグシャにならない強い仕掛け。
一般的なサビキのエダスの仕様は10Cm前後に対して宮崎仕様は5Cmほどと極端に短い。

P9227675s.jpg
そんなわけで「365釣具エサ店」オリジナルサビキ

せいゆう丸有馬船長持ち込み企画らしく、昔我々が作っていたそのものの仕掛。
試しに買って使ってみたけど、これはパーフェクトだ。欲を言えば黄色のウーリー糸も1つ入れて欲しいところだ。
個人的に黄色でいい思いをしたことがあるからだけど(^_^;)
先日の釣りではなぜか緑のウーリーに反応が良かった。ウーリーの魅力は白やピンク・緑と色分けしてあるものに対して、その日の海の状態で色に対する反応が変わったり、魚種でも緑によく反応する魚がいたりと面白く、単色のサビキだとアタリ外れがあるが、これは何がしかが反応してくれる。

このオリジナルサビキは「365釣具エサ店」で作られているわけではない。写真の左側のエムツーというメーカーに作ってもらっているそうだ。ポイントは日本製(^^ゞ
以前中国製サビキも置いてあったけど、それは安さが魅力ではあるもののウーリー糸が直ぐに穿けたり取れたりした。
それに比べたら格段の製品精度で、しかも安い。このメーカーのオリジナルサビキはもっと安いしどうなってるんだ??

この時期のハマチ・カンパチ仕様の365オリジナルサビキももうすぐ出来上がるようで楽しみだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/989-05b104ce
該当の記事は見つかりませんでした。