宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

コチの仲間の同定

昨日昼間、せいゆう丸船長から携帯にメールをもらった。

「50Cmほどのマゴチの仲間のようだが違和感がある魚が釣れた」と。

せいゆう丸の今日の日記に写真を載せるからと言われてたけどデジカメを忘れられたようで、まだその姿は確認できてない。

50Cmを超えるコチの仲間だと「マゴチ」か「ワニゴチ」と思ったが、山渓の図鑑「日本の海水魚」には、イネゴチ50Cm・エンマゴチ50Cmという表記もあるので選択肢は増える。

そこで取り出した私が初めて買ってもっともワクワクした本
turigyo.jpg
釣りサンデー社発刊1999年
今では収録魚種が微妙な数なので、めくる機会が減っていたけど、う~ん。やっぱり面白いな。

さてコチの検索・・・・
まったくこの記載の通りなんだけど、学習のために書いてみる
P9307730s.jpg

ふむふむ

P9220585s.jpg
昨年ISO師匠が釣ったこれ。
両眼間隔は広いし背鰭の小斑点は目立たないからたぶん「マゴチ」

2014051009.jpg
2014年の私の獲物。これもマゴチ

tokagegochi.jpg
→両眼間隔が狭く
→吻が長くて
→胸鰭に斑点があり
→体の横帯が無い

から、トカゲゴチ!

てな事になる訳です。

マゴチとは違和感があるという、昨日釣れたその魚の写真が楽しみだ。
まず大きさで振り分けたらワニゴチ・イネゴチ・エンマゴチのいずれかじゃないかな?
胸鰭見るだけでワニゴチかイネゴチが区別できるが確認できるだろうか・・・
エンマゴチは釣魚検索に掲載はないけど、その独特な、歪な顔立ちで区別は可能だと思われる。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/995-08acd31b
該当の記事は見つかりませんでした。