宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

◎トカラ遠征(鹿児島県・悪石島)2018/5/4~6

※長文になります。ご容赦ください(^^)

今回の釣行は釣友IHさんとの連休企画で、今年はゴールデンウィークが飛び石のために迷ったけれども費用面も考慮してトカラ島。
昨年に続き「石垣・西表」も考えたけど、今月末に北海道釣行を企てられているIHさんもさすがに厳しいようでトカラになった。
宮崎の魚と割と近いのではないかと思って今まで敬遠していたけれど、大物釣りの聖地だし一度は経験しておきたい。

2018050801.jpg
※鹿児島県十島村のWEBサイトより

どの島に行ってもいいんだが、今回は「悪石島」
あまり大きな理由はないが、釣り場として人気のある諏訪之瀬島よりは空いているだろうというのが1つ。黒潮のど真ん中というのが1つ。

P5041252s.jpg
料金は往復で14,020円
甑島瀬渡しを考えたら5000円ほど高いだけだし、夜釣りなら宿無しでいい。
手荷物が2つまでで、それ以上は1個600円。2個の往復だと2400円掛かる。その他宮崎・鹿児島の移動にだいたい5000円程度・鹿児島港での駐車代が3000円、他は食糧と魚の餌で、25,000~30,000円ぐらいで行ける。

P5041251s.jpg
鹿児島港のトカラ行き待合所ではこんな剥製がお出迎え。ロウニンアジ155Cm
トカラと言えばショア(防波堤)からこれが釣れる。トビウオが港に入ってくる時期に、追ってこれらも入る。時期は5月末ぐらいからだそうだが、我々の目的は小魚だ。とにかく新しい魚との出会いを求めて。

フェリーとから2
P5041249s.jpg
P5041256s.jpg
P5041257s.jpg
今年4月から出船したばかりの新艇なので外見・内装ともピッカピカ
竿入れを持ちこんだら船員に怒られたが、荷物受付では言われなかったので内部の連携の問題だろ~って、ちょっと怒りも感じつつも、まあ楽しい事が待っている前なので、そこは冷静に・・・
とにかく綺麗な船内を満喫したい。

4日のPM11時出航
P5051260s.jpg
朝5時ちょっと前に最初の島「口之島」に到着

「中之島」も過ぎて
P5051265s.jpg
まずは来て良かったと思う絶景朝焼け

最初に行く気満々だった諏訪之瀬島
31889184_1748939548520420_3.jpg
ジェラシックパークの島みたい♪火山島です。
P5051276s.jpg
諏訪之瀬島の港は高台に車が・・・
それにしても足元の海の色・・・黒いな。さすがに黒潮だ。

P5051284s.jpg
諏訪之瀬島を出たら、目的地の悪石島が遠くに見える。もう期待しかない!

P5051294s.jpg
その前の「平島」※たいらしま
案外整備されている島で人の出入りも多い。ここも釣り場として良さそうだ
P5051295s.jpg
出会いと別れが日常なんだろうなぁ
P5051297s.jpg
まあ釣り人はまず先端を覗く生き物なのです

そして・・・朝9時20分
P5051300s.jpg
ついに到着!

P5051306s.jpg
快適な船でした

P5051309s.jpg
とりあえず何処で竿出していいのかわからないし。ぐるっと回ってみる
とにかく大きな港だ。足場が高いのが難点

釣り人は我々2名と、他に大物を狙う孤高の釣り人。福井県から来られたそうで毎年来るそうです。
大きな港を3名で貸切状態

先端を覗くと潮筋の下に無数のグルクンの群れがあり、まずはそれ狙いだろう!と釣り座を構える

私は試しにフカセ団子釣りをやってみたが、見えている魚は見向きもしないどころか警戒して離れる(^_^;)

と言ってる間に
P5051311s.jpg
IHさん
投げ仕掛・置き竿にして他の竿を準備する間に竿が飛ばされました(@_@)
根に潜られたようで残念ながら仕掛け奉納。紐結んであったので竿は納めなくて済みました(^_^;)

P5051314s.jpg
苦戦したけど、やっと釣れたグルクン
明らかに2種類あったが、カラフルな方が釣れました。なんて青い背なんだろう。
これは「ウメイロモドキ」だな。初めて釣った魚です。もうこれだけで来たかいがあります。

ところが一旦コツを得たら、これが何匹も釣れる。入れ食いです。
P5051339s.jpg


トリックサビキ仕掛けのIHさんには
P5051322s.jpg
ナガニザ(15Cmほど)
P5051330s.jpg
オジサン
P5051333s.jpg
アカハタ
P5051337s.jpg
ヤマブキベラ
P5051348s.jpg
そしてマトフエフキ

マトフエフキは写真で判断しにくいけど、釣れてすぐは特徴の背中のぼやけた黒斑がはっきりあったそうです。

私が一種をまとめて釣っている間に羨ましい釣果

P5051343s.jpg
孤高の釣り人さんが餌確保のためにやっていたサビキ釣りで・・・
P5051359s.jpg
私にも

ちょっと色合いが違うけど、たぶん「ブチブダイ」
雄・雌の差かな?

P5051366s.jpg
孤高の釣り人さん。これを餌にしたかったようですが1匹しか釣れませんでした(-_-)
普通ムロアジとしか言われない「クサヤモロ」

P5051350s.jpg
奉仕作業でやってきていた小中学生が釣り場に訪れ、「釣り体験」を始めたがなかなか釣れず、
やっと釣れたシツオは・・・「テンジクイサキ」でした。30Cmは超えていて結構引きは楽しんでいたけど。

P5051379s.jpg
IHさんが釣ったこれは・・・カンモンハタだろうなぁ

夕方になり、そろそろ本格夜釣り

私の仕掛は8号ハリスに16号のタマンハリ、餌はキビナゴで・・・
P5051371s.jpg
この魚が入れ食いになる。最初釣れたのは25Cmほどだったがだんだん大きくなって35Cm前後
引きは面白いがこればかり・・・・

その後、キビナゴの頭だけが残る餌取に苦戦するが
P5051383s.jpg
ちょっとの間ギンガメアジの群れが入ってきたようで入れ食い
サイズも40Cmほどで面白い
P5051386s.jpg


P5051391s.jpg
コバンアジは50Cmを超すほどの大きさ。
これぐらい大きいと身も十分食べられそうだ
P5051398s.jpg
実はかなり期待して待っていた魚がミナミイスズミで
この個体はそうかな?と思っていたけど詳しく調べた結果標準和名「イスズミ」かも(-_-)
P5051403s.jpg
餌取の正体はこれか?ギンユゴイ。時々釣れる

孤高の釣り人さんが叫んだ!
P5051394s.jpg
ルアーになにかいいもんがキタッ!
P5051396s.jpg
50Cmは超すようなカスミアジでした。このサイズでもなかなかのファイトだ。

P5051357s.jpg
ちなみに孤高の釣り人さんの仕掛はPE12号300m巻きガイド60号(^_^;)
これでも細いぐらいだそうです(@_@)

IHさんが叫ぶ!
魚を引きずって防波堤の浅場に一緒に移動
P5061423s.jpg
やっと手を伸ばしてタモに居れた魚は「バラフエダイ」・・・カッコいいっ!
P5061424s.jpg
記念写真!

他には
P5051405s.jpg
大迫力66Cmのオオメカマスに

P5061410s.jpg
キビナゴを咥えて登場。獰猛な金魚(^_^;)ヤライイシモチ属

P5061413s.jpg
ゴマヒレキントキ

P5061416s.jpg
孤高の釣り人さんが釣った「ヘリゴイシウツボ」
これ見て興奮する私とIHさん。孤高の釣り人さんはその反応が不思議だったでしょう(^_^;)

P5061420s.jpg
P5061428s.jpg
アカマツカサ属2種・・・難しい・・・

重量感ある魚に引きずられ、力負けして道糸(PE4号)が切れること2回(電気ウキ2個ロスト(;_;)

など、夜間がこれほど面白いとは・・・

とにかく魚影の濃さも、大物感・サイズもなにもかも予想以上でした!

というわけで今回の釣行で出会えた魚は23種
→そのうち私自身が(自身も)釣ったのが7種・・・4本竿のIHさんに今回も完敗です(^_^;)
→新しくであった魚は5種になるのかな?

とにかく大満足の「トカラ」でした

P5061437s.jpg
P5061441s_2018050806442205d.jpg
悪石島も良かったけれど、帰りのフェリーで他の釣り人と話をすると、やはり諏訪之瀬島が圧倒的に人気あるようで、次回はそっちかな?
今年もう一度チャレンジしたいっ!

○夜釣りシブ狙い(串間市・荒崎)2018/4/28

まずはシブって?

IMG_0264s.jpg

この状態で釣れたら楽なのに(^_^;)

P5050364s.jpg
標準和名はフエダイ・南九州での呼ばれ方がシブ、またはシブダイ。ホシタルミという言い方もあります。

写真はまだ若魚サイズだが、大きなものだと50Cm2~3Kgぐらい
九州でも太平洋側の、更に南エリアで初夏の頃にこぞって狙われる美味しい魚です。

何度も言ってるけど、とにかく美味いのです。何が美味いかってその上品な脂身。牛に例えるならA5等級。つまり最上級です(^^)/

ってなわけで
シブ食べたい・・・・ので。
P4281173s.jpg
狙います!

5月連休前半。3連休の初日は昼前に自宅を出て串間へ。
早くもシブが上がり出したとの事で私も早々に始動。シブ(フエダイ)は初夏に向けて大群で浅瀬に押し寄せてくる(と聞いている)ので、1匹出たら背後に数千という数がいる(に違いない(^_^;))

食べたいこともあるが、前週に昼釣りは結構暑いなというのも感じたり、もうすぐトカラに行くので何をすべきか検証してみる目的もあったりします。

P4281177s.jpg
もう意地でも釣りたいから餌も大判振る舞い。普段の倍ぐらい仕入れてしまった(^_^;)
ボイル餌にしようと思うけど、大きなハリを使うので3Lタイプの付餌。キビナゴもお試し程度

暮れ前に実釣開始

そしてさっそく
P4281186s.jpg
感謝。いつも、まず相手してくれる、ほっとする魚です。でもこれ「ウッカリカサゴ」っぽいな。
体の白点模様が結構はっきりしているし黒い縁取りがあるような。普通のカサゴとちょっと違います(^^

P4281183s.jpg
随分と日暮れもゆっくりになりました。日没はPM7時前

キビナゴを餌にすると直ぐにウツボが釣れたのでボイル餌でやってみると

P4281191s.jpg
モヨウモンガラドオシ

ウミヘビっぽいですけどウツボの仲間
昨年釣れた時は驚きましたけど、もう慣れてます。でもやはり気持ち悪し。

下げの始まりの時間帯はPM8時ぐらいで、その辺が地合だと想像していたけど・・・・

ゆたっとウキが入ったので合わせたら

(@_@;)

なになに!?
凄い勢いで沖の右側に走られた!竿立てられない。ドラグは緩めにしていたけれどもグングン糸が出ていく。
勢いが納まったところで反撃じゃ!
思いっ切り巻く。時々底に潜って行く感触はあるが強引に巻く。

ハリスは10号だし簡単には切れんだろ~

足元に寄ってきてウキが見えたと思ったら今度は左・・・・

何度か走っては巻いての繰り返しで、格闘時間は10分ほどだろうか。
4号の磯竿が折れそうなぐらいの締め込み!
とにかく息切れするぐらいの格闘の末に、精根尽き果てたって感じの魚がボワッと浮いてきた。
まあ正体は判ってたけどね~
標準和名ハマフエフキ・愛称タマン・宮崎ではもっぱら「タバミ」と言われるかも・・・

P4281195s.jpg

う~ん。満足!

いやいや、これで満足しちゃいかん。
食べたいのは・・・・もとい、釣りたいのはシブでしょ。
きっと今地合時刻だ。期を逃しちゃいかん!

ということで続けて粘ると・・・・

P4281199s.jpg

おっ!赤いぞ。本命か?タモに入れて上げるまで本命だと思ったその魚は・・・これでした。
「ホウライヒメジ」です。サイズは45Cmのかなりの大物だが・・・・残念

そして続けて

P4281202s.jpg
P4281209s.jpg

ウツボタイム突入・・・・ボイルなのに(T_T)

ウツボが5匹・モヨウモンガラドオシが2匹・・・だったかな?
イワシクラッシャーを撒餌に混ぜたのが悪かったのかな?でもこれらが釣れるのは沈瀬の際を仕掛が通っている証拠だろうな。
とポジティブに考えてみる(^^

でもね~
P4291212s.jpg
月が明るすぎました。
満月に近い中潮だったので覚悟はしていたんだけど、明るさはシブの敵

深夜(12時前後)になるとアタリも無くなり、次の地合はAM3時前後だろうと思っていたけど反応悪し。
それにしてもまだ4月だった。夜中は結構寒い。防寒着を着てても寒かった(T_T)

P4291214s.jpg
足元ではこの魚が釣れるけど、夜釣りの餌取りの代表の「ミナミハタンポ」
この仲間の「ツマグロハタンポ」って魚を釣りたいんだけどまだ出会えてません・・・

昼釣りの瀬渡しの都合で回収は朝7時だったので、4時前には諦めて釣りを終え仮眠したりしてたけど
P4291224s.jpg
平らな場所があるわけでもないので・・・寝る=落ちるかもの恐怖

P4291223s.jpg
活かしバッカンに体を折り曲げて入れていた魚・・・あ~絶命してた~ショック
とりあえずサイズ測ってみる・・・・67Cm!昨年釣れたのは61Cmだったので、記録更新!

image3391.jpg
※室丸HP写真借用

港に戻り写してもらった写真は直ぐにHPに登録されてありました。
大きく写っているのはいいんだけど、私の二重アゴが気になるので

自宅にて再度
P4291226s.jpg
同じ人間・同じ魚なのに写し方で随分と違うもんだ。ライザップの加入前と後みたい(^^ゞ

自宅にて仮眠した後は

P4291229s.jpg
解体作業(^_^;)

P4291234s.jpg
タマンはフライ用にぶつ切り。一週間分ぐらいの量かも(^_^;)

P4291238s.jpg
ホウライヒメジも3枚(皮付き)にて

私が出来るのはここまで。後は家内に美味しい料理作ってもらいます(^^

タマンの口の中に
P4291245s.jpg
タコ発見(@_@;)

数日後にはトカラじゃ!
大物との駆け引きのイメージは湧きました。この勢いで何か釣りたい!

△瀬渡し磯(串間市・荒崎)2018/4/21

先週末は釣り友KAさんに九州北部の瀬渡しに行こうと誘われて、最初は米水津という事だったけれどもシマノ・ジャパンカップ予選会があり人が多いということで、鶴見に行く事になった。
けれども前々日、KAさんの仕事の都合でキャンセルとなり、それならばとホームの「室丸」串間に連絡。
P4211140s.jpg
ピークの時の3分の1ぐらいかな?
今年は他所が厳しい中ではかなり良かった串間・荒崎で、船長も過去最高だったというぐらい最近までは釣れていたし、とくにシマアジが長く続いていたけれども、さすがに4月後半だと難しくなったようだ。餌取りが多すぎて(^^ゞ

ちなみに今年初の夜釣りも前夜から入っていたようだけど、しっかりとシブ・タバミが上がってました。

P4211146s.jpg
船長にお任せで3番
他船と瀬割されているけど、AM6時半を過ぎて来なければ乗せてもいいルールがあるようで、出発も6時半から。
恐らく3番は割り当て瀬ではないけど直前に「あららさんはここ~」って事になった。
個人的には下り潮が入ればとても好きな瀬だが・・・・

P4211145s.jpg
海は凪。メジナにはちょっと辛いかな・・・

P4211147s.jpg
目の前の2番には2名、2.5番に1名

P4211148s.jpg
さて今回はヒロキューの集魚剤を使ってみます。
普段はマルキューのV9・V11なんだけど、多くの方が使っているから香りに魚が慣れてしまっているというかスレてしまっているんじゃないか?などと考えてのお試しです。
何度か使っているけど結構臭いが強くまとまりもあって遠投もでき、容量も適度でいいと思います。ノリが多く入っているので冬の餌ですね。

P4211150s.jpg
2投目でこの魚が遊んでくれました。30Cmちょっと。引きはなかなか楽しいのだけど。

P4211151s.jpg
手前にはコッパやオヤビッチャの群れ。もう夏の雰囲気だ・・・
遠投し撒き餌も打たずに放置しているとこれ。竿1本も入ってないけど浅いんだなぁ。

P4211156s.jpg
撒餌が届く範囲だとこれが直ぐに反応します。入れ食い

餌を「きびなご」にしてみたら

(@_@;)

グワンと竿が曲がり、上がってきた魚は赤い

シブなのか??
え??ブダイ?キビナゴ喰うの?

P4211159s.jpg
巨ベラでした(T_T)
巨と言っても25Cmほどだけど、キビナゴを群れで突いてハリ掛かりしちゃったのかな?

P4211163s.jpg
遠投して撒餌を打つとちょっと大き目のコナガが入れ食い。27Cm程度だから持ち帰って干しても丁度ぐらいなんだけどちぎっては投げる状態。
潮が終日動かず、全域にこれがいて撒餌投げたところに群がるのが見えます。

3回、化け物に太刀打ちできませんでした。
海は透けており底の方に大型魚が見えるんだけど、たぶんそのいずれか。
見えている魚はシツオ・ニセカンランハギととてつもなくデカいサンノジとかブダイの仲間。メジナは・・・判らない(^_^;)
とにかく全誘導で底に近いところに行くと喰ってくるもの、瀬が近いので強引に引っ張られて瀬ズレしてしまいます。

そんなこんなで引き味は楽しんだものの、大型対処魚(メジナ・チヌなど)を見る事ができず、新しい魚にも出会えず悶々とした一日でした。まあ小魚でも相手してくれたので良しとせねば。
それにしてもメジナの季節は終わった感あり。ただ1箇所だけ良型が数匹上がってました。他はほぼ私と同じような状態だったみたい(^_^;)

ところで、今日はある防波堤でスルルーをやるとおっしゃってたYAさん(♀)からメッセンジャ着弾

30850259_839808262893020_12.jpg
(@_@;)

うらやまし~てか食べたい!

これからは夜釣りだな

だって
P4221171s.jpg
風があって気持ちよく、焼けたつもりもなかったけど自宅に戻るとヒリヒリ。
やらかしました。毎年この時期反省するんだけど、学習能力有りません(^_^;)

×防波堤フカセ(鹿児島・桜島)2018/4/15

今週は仕事がやたらと忙しく、釣行記作成が今となってしまいました(T_T)

YAIBA宮崎の釣り懇親会・門川大会の予定だった15日は前日夕方まで結論が出ず、私は中止になっても何処かに行こうとは思っていたので昼間餌は調達。

開催八割ぐらいに思っていたけど、結果は波が予想以上に高いようで中止となり、先月同様K支部長の呼びかけにより鹿児島・錦江湾の釣りになりました。メンバーも先月と一緒でK支部長・MA役員・YO役員・・・根っからの釣り好きメンバーです(^^ゞ

夜10時ちょっと前に自宅を出て、近所のYO役員とともに11時に途中のコンビニに合流した後は、MA役員が過去に実績ある防波堤付近に行き夜会。車の中でぐっすり寝るために、前回同様にお酒とツマミで釣り談義を始めるわけですが、真っ暗闇の小さい港横で夜中にとても怪しい雰囲気です(^_^;)
でもこの夜会がとっても楽しく会話も弾み、結局車に戻り寝入ったのは3時を過ぎておりました。

そして
P4151100s.jpg
目の前が桜島のこんな港にて

朝6時過ぎには目覚めて、スタート
ぐっすり眠っているK支部長は寝かせてあげましょう(^_^;)

P4151104s.jpg
餌はすぐに取られるし海表面はワサワサしている感じで生命感はあるけど正体はこいつでした。
もうすでに悪い予感しかしません(^_^;)

P4151106s.jpg
先月同様にMA役員が口火を切ります

P4151110s.jpg
なんか・・・デジャブー・・・

P4151114s.jpg
YO役員には良型のカワハギ

P4151117s.jpg
MA役員2匹目
P4151118s.jpg

P4151123s.jpg
3匹目・・・はい、もう勘弁。参りました(T_T)

P4151125s.jpg
食べ頃サイズ(35Cm程度)のマダイ&チヌを連続ゲットでした

P4151127s.jpg
1時間ほど遅れて仕掛投入のK支部長もすぐに・・・

クロサギですね~チヌ棚に合っている証拠の魚です

そして
P4151129s.jpg
一瞬で送れを取り戻されました

P4151133ss_20180419042115f6e.jpg
今回の釣行でもっとも大きいマダイです。さすがに各種テスター・トーナメンターの実力者!
もうこのメンバーが上手なのははっきりしました。・・・今までもそうじゃないかな?って思ってましたよ(^^)

P4151136s.jpg
潮がだんだんと手前に巻き込んでくるようになり、合わせて予報に反して桜島の灰が降ってきだしたので、早々にこの場を去ることになりました。まだ朝10時ぐらい。

その後桜島に入り避難港廻り

私が過去に何度か行った避難港12番では悲劇
途中の道がかなり狭いためK支部長の車が擦れたようで傷が入ってしまい、先ほど釣ったマダイが高級マダイになってしまった(T_T)

P4151137s.jpg
諦めて再開する事になったのは避難港19番。MA役員が過去に実績ある場所のようですが・・・

P4151139s.jpg
12時前からPM3時近くまで・・・3時間ほど粘ったものの4人掛かりで・・・・異常なし!な状態(T_T)
ここもクサフグが湧いてました。そんな時期なんだろうな。

もう・・・・錦江湾・・・・嫌い(^^

そんなわけで5連敗めでした。過去最大のスランプ(T_T)

MA役員の含蓄あるお言葉
「メジナとチヌは逆ですからね~。メジナは上からチヌは下から」
ハッとしました。基本がなってないな。私チヌ狙いをした事が無かったことをあらためて認識しました。この日やった事はすべてがチグハグ(^^・・・・勉強になります。
餌・ハリ・どこを流すべきか・・・・そんな事がすべていい加減。メンバーはしっかりそれを意識してました。それが厳しい状態でも1匹を引き出す秘訣でしょう。

そう言えば支部長が写してくれた私の写真

30709506_1507101166082886_5.jpg
逆光ぐらいがちょっとカッコよく見えるな(^_^;)でも顔デカ。自分の写真って公開したい目立ちがたがりなのに、嫌いという矛盾。

×磯釣り大会(日南市・水島)2018/4/8

最近交流が深まっているMIさんが主催の釣り大会に参加しました。
P4081091s.jpg

結論からいえばストレスは絶頂です。
大会自体はとても有意義というか面白かったんですけどね~

桜も終盤の最近の天候は初夏の模様だったわけですが、突然冷え込んだ昨朝は、車の温度計表示は行く途中には2℃まで下がりました。真冬です(T_T)
もう防寒着じゃなくてもいいなと思っていたけど寒い。

そして恐れていた水島。
この時期に行って釣れたことはありません。

P4081081s.jpg
なにせ横に流れる激流(@_@;)
水温も下がったようで、この界隈にしては最低基準の水温。そりゃ魚も寒くて縮こまっているんでしょう。
色々試したけど、最後にはウキを外し5号のオモリを入れても横に流れる。私の未熟な技術では無理~

そんな中でも
P4081063s.jpg
P4081068s.jpg
P4081072s.jpg
竿を曲げる方々。上手だよなぁ、というか拘りが凄い!

魚はいるんだけどなぁ

足元瀬際を狙うと突然引っ手繰って行く魚はいる。5回伸されました。太刀打ちできない(T_T)

そんな訳でまたも

マルボウズ(T_T)

釣行4回連続貧果・・・・もう釣り辞めようかと言う気分

ところで朝、港にて。
P4081050s.jpg
声を掛けてこられた主は、

おおっ!紅はるかさんじゃないですか!

先日転勤移動の連絡をもらったばかり。転勤は?なぜ?
移動は来週だそうで、その前の最後の宮崎の海って事でしょうか。
しばらく会えないと思っていたので、良かったー

戻ってきた港にもYAIBA宮崎のメンバーが数名。チヌ釣りの大会に参加されていたようです。

皆あちこちで釣ってるんだなぁ~

参加賞
P4081094s.jpg

計17名中未計量の4名の1人だったし、その4名でのじゃんけんでもビリだったので、つまりは最下位だったわけですが、それでも頂けたのは見ての通りの豪華景品
買えば3000円超すぐらいの品々。幹事大変だなぁ。ありがとうございました。

今週末はチームYAIBA例会

もー怒ったし!今度は釣るしー!

このカテゴリーに該当する記事はありません。