宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

×YAIBA釣り懇親会(油津)2017/12/17

飲み会&YAIBAのサイト更新を優先しておりましたので、このブログが放置状態でした(._.)

チームYAIBA宮崎支部 専用サイト

4週連続で今季6回目の瀬渡し。今年は週末に天気が崩れません。
ただ週末毎に目に見えて寒さが増すが、さすがにピークだよな。もう少しで氷点下だし、西風が強くて寒かった~。

さて今回YAIBA宮崎の釣り懇親会ステージ2油津大会でした。
朝4時集合で、今回はゲスト(オブザーバー)6名を含む合計17名。最近珍しく盛会です。

朝2時に自宅を出発し、4時前に到着したが誰もいない。車はあるので皆車中待機状態だ。それもそのはずで一歩外に出ると怖いほどの冷気だ。
4時になると暗がりに突然人が湧いた。真夜中の暗がりで重装備の磯師の群れって違和感あるだろうなぁ。そういう自分の姿は判りません。以前「釣りバカ日誌」でその装備を風刺したシーンがあったな。
オブザーバーはほとんどが初対面なのだが、お声掛け頂いたMAさんは同礁メンバーになりました。ブログ見てますと言われて度緊張。話しを進めると明らかにトーナメンターだ。ちょっと恥ずかしいぞ。
PC170124.jpg

瀬の優先順のくじを引くと2番で相変わらず運はあるのだが、そこが釣れるとは限らない。
油津の瀬渡し船は5時になると最大スロットルで一斉にスタートし勝ち負けを争うので、まずは瀬を確保するために各瀬に1人ずつ乗せて、2巡目に皆を送るというスタイルだが、戻ってくるまで1時間弱。待ちの時間がとてつもなく寒い。
2番くじを引いた私は1番のYAIBAメンバーKIさんとMAさんの3名で名礁「オオバチ」
PC170133.jpg
YAIBAメンバーKIさん
PC170134.jpg
MAさん

お二人ともトーナメントの常連なので1人置いて行かれる恐怖も感じつつ・・・
まあでもテクニックを盗んでみたい。

MAさんはトーナメンターだけあり顔が広く、電話で「オオバチ」情報を探っているが、前日はシツオだけだったそうだ。
以前聞いた事があるが、釣り場の前には大きな張り出し根があって、釣れても直ぐにそこに突っ込んで上げられないそうなので苦労しそう。
対策としては強引に巻き取る事かな?そんな事を思いつつ、初めての「オオバチ」に上がってみると、完全に下げ潮ポイント。
冬の南の海は早い時間は登りで、昼から下りのパターンが多いと思うが、釣れてない南部で、更に苦戦の予感。
PC170136.jpg

3名なので2時間半ずつ右・中央・左に分かれて2時間半ずつの交代で開始。
私は海に向かって左で、中央にKIさんと右がMAさん。7時スタート。
暗がりの中で見た私の釣り座は、どうも渦があるようにも見えたのだが、明るくなるとはっきり浅い張り出しの岩があって、遠投しないと難しいと感じた。足元ならいいが5~6m先なので竿も届かない。
一投目、風向きとは逆にウキは手前に帰ってくる。風も強く背中からだと良いのだが、斜め後ろなので道糸は膨らんでとにかく釣りづらい。
そして1投目から張り出しの根元付近に寄ったとたんにウキがギュンと沈み、合わせたら・・(T_T)。ウキごとロスト。また作り直しだ。しかも好きなゼクト0αは今回1つしか持ち合わせてなかった(T_T)
明らかに瀬に当たってハリスが切れる。スタートは1.75号を使用したが太刀打ちできない。いくら遠投しても瀬の端に寄って、1度は回収できたものの3回ウキを飛ばしてしまった。撒餌には大きな大きなシツオの群れが反応するのが岩が切れた部分から見える。
心折れて交代時間まで竿を出さずにいようか。

隣の中央に座を構えるKIさんも数回切れて1度だけタモが入った。

PC170139.jpg

釣れた魚は・・・・どうもサンノジっぽい(^_^;)

9時半の交代時間となり、私は右奥のポイント。同じ潮だと潮は出て行かないのだが、少し下りが入ったか向かって右に流れ出した。足元にはシラコダイの群れがいるが大型魚の姿は薄い。遠投したいがこの場所は風をまともに受けるので撒餌も飛ばず苦戦。
3回ほどは掛かったが足元に窪みがあるのか潜られて切れる。というかここまですべての魚に力で負ける。ここでもウキが流れて1個ロスし、風で竿操作もままならずもう帰りたい気分(T_T)

12時から残りの時間は私が中央で、今度は餌も取られない時間が続いたが、1時間ほど経過したころに下りの潮が動き出して、沖に向かって流れだしたので勢いに任せて流す。50mほど先に潮溜まりがあり、その辺に魚がいるだろうと予想していたが、2回ほどは狙い通りに掛かるもののやはり魚が大きい。斜め横にある沈瀬の壺に突っ込んでハリスが切れ上げられない。
そして三度目。ドラグをギチギチに固め強引な巻き取り。竿が風を切る音が響くがとにかく沈み瀬を越せば上げられる。

そしてついに!

PC170149.jpg

47Cmのシツオ※ノトイスズミ
ついに召し捕ったぞ、という気分。本命でなくても気分的にはスカッとした。

8度めの正直。ここまで4回ウキを飛ばされ(1度は回収し)、3回ハリスが切れたが糸が劣化していたわけではありません。
とにかくこの場所が全体的に釣りにくい場所だ。下り潮なら何とかなる感じだけど登りだとたぶん底物釣り場という雰囲気だ。

結果、3名ともにメジナは木っ端すら姿を見る事ができなかった。
個人的にはまあ、置いて行かれず良かったという気分だが、皆さん残念そうだ。

回収も2便目で待っている時間も風が辛かったが、我々の後にVサインを出すテンション高めの御仁
PC170153.jpg
PC170161.jpg

Vサインは大物釣ったからなんですね(^^ゞ
PC170170_20171220191624443.jpg
同じ町に住むYOさん。47Cmのメジナ釣ったようで。私のシツオと同サイズだけどな(^_^;)

この一匹で!
PC170175_20171220191626324.jpg
3位入賞!

2位は前回も二位の
PC170177_20171220192042b34.jpg
いつも元気なユッキ―君

そして栄えある優勝は!
PC170179.jpg
写真右のオブザーバー参加のYUさん

参加17名中、計量ができたのは7名

結果はこんな感じ
PC170180.jpg

5枚の持ち込みも誰もいない、シブい大会でしたけど・・・・

なんと!
殿堂入り(計量不参加)の支部長が
25396256_1389085614551109_7_20171220053829006.jpg
数も型も

さすがトーナメンター。本領発揮でした。

それにしてもついに、メジナボウズ喰らってしまったな。この鬱憤をどう晴らすか(^^ゞ

●瀬渡し磯(日南市・大島)2017/12/9

毎日何がしかの釣り・魚話題を提供したいと思っているブログですが、さすがに年末の慌ただしさで腰を据えてPCに向かえない日々です。飲み会とか(^_^;)

さて3週連続の瀬渡しは同行者有り。釣友KAさん。
どうも土曜日の釣行というのは皆さん予定があるらしく単独行動になりがちで、KAさんも直前まで予定があったようだけど何とかやりくりされ、前日に電話がかかってきました。
そんな訳で今季2回目の「あららvsKA」。初戦は先月のYAIBA懇親会にて私の勝利(^^)v
今回はいかに・・・・・

IMG_0598s.jpg
南郷地区は朝が早いのでちょっと敬遠していたんだけど、どうも今季はPM5時半発という事なのでちょっと気分が楽。
昨年までは4時だったと思います。つまり1時間半遅く自宅を出発すればいいのだ。

そうは言えど毎回遠足気分のジジイは、夜9時前には寝て、予定では2時までのつもりだったのに12時前に目覚めてしまい、その後は道糸を巻き替えたりリールに油を差したりして出発時刻を待ちます。2時半に出発し、KAさん宅に迎えに行った後はゆっくり買い物などしながら2時間掛けて南郷の夫婦浦漁港に5時前に到着。
客は少ないと言われていたけど、それでも15名前後。常連さんに話を聞くとまだ釣れてないそうで。後一週間後ぐらいからかな?とのこと。毎年の傾向はあるようです。

普通はクジで瀬を決める瀬渡し船喜代丸ですが、今回は団体が一気に名礁水島に渡るという事で、残りのメンバーが希望の瀬を伝えると折り合いがついて、我々は「ビシャゴ」へ。私自身は初めてなので期待。ホントは以前爆釣経験のあるボウズに乗り立ったんだけど、そちらは強く希望される常連さんがいたので身を引きました(^^ゞ

PC090104s.jpg
ビシャゴはこの岩の裏側になります。

PC090056s.jpg
朝の雰囲気はこんな感じ。波が向かってきて釣りずらそうだ。

PC090058s.jpg
目の前に名礁ボウズ。前後左右攻められる「メジナの巣」とも呼ばれるスペシャル瀬。
まあだけどポジティブに考えるとここに乗って釣れなきゃ恥ずかしいもんな。良かった(^_^;)

KAさんとの決め事
3ラウンド制で、最初の2時間半をジャンケンで決めて瀬の左右に別れます。
2時間半後に入れ替わり、残りの時間はいずれか釣れた方というかお互い好きな場所で釣る(一緒の場所でも)
という事にしてます。

という訳でスタートは私が海に向かって右の沖側でKAさんは陸向き

仕掛け
竿:1.5号
道糸:2号
ハリス:1.75号(fathomLEVEL1.75)4ヒロ(約6m)
ウキ:釣研ゼクト00号
ハリ:メジナ5号(YAIBA渋グレライト)

最近の基本はハリスを長めにしてウキはハリスの中に入れてしまいます。切れた時にウキをロストしてしまう危険性はあるんだけど、ハリスの重みで馴染みが早く、魚が咥えた際の違和感が無い・仕掛見破られにくいというメリットはあると思います。
また道糸とハリスの結び目のヒゲをちょっと長めに残してウキ止め変わりにします。基本は全誘導。

できれば完全フカセを目指したいんだけど、錘なしでのこの日の反応は中々鈍く、数投目に口錘を入れたら直ぐに・・・

PC090060s.jpg
塩焼きオナガ(30Cm程度)

その後連続で数匹の手の平ちょっとサイズが釣れたけどそれらはリリース。
1度強めのアタリがあったもののドラグを緩め過ぎていたか、左にあった張り出し根の方向にグイグイ走って瀬切れ。残念。大きいメジナだったかもしれない・・・(シツオだったかもしれないしヒブダイだったかもしれないけど(^_^;))

とりあえずキープはここで3枚。すべて抜き上げたけど2匹は抜き上げを失敗してオートリリース。どうも掛かりが薄いようです。

2時間半経過して場所を移動した頃には、最初わずかに上り潮で水温も上ったようだけど、下り潮に転じたか北西の向かい風による波の影響なのか反応が悪くなって・・・

かなりシビアな状態になって餌は無くなったり残ったりで、ウキの反応も渋く待てど暮らせど合わせタイミングのピクン反応がないので、ここは思い切った作戦。※数少ない引出しの中身をすべて引っぱり出したあげく・・・・

LEVEL1じゃ!ハリス細けりゃ違和感なかろう。
現在付いているハリスLEVEL1.75は中ハリス状態にして、1ヒロの1号ハリスを結びつけて、ハリも3号に落としてみたら直ぐに結果がでました!

PC090076s.jpg
30Cmほどの食べ頃メジナ。2匹追加。
恐る恐る抜き上げてみたけど大丈夫でした。

他にも
PC090080s.jpg
夏魚

PC090062s.jpg
失禁男

PC090072s.jpg
ツマジロ悶々

などなど、太ハリスだと仕掛を見切って餌をついばむだけの軍団の一員が釣れて、ハリスの太さってのも大事だなというのを実感。

結果的には
PC090086s.jpg
お持ち帰りはこれだけ。大型は出ないけど塩焼きにはナイスサイズ。

PC090089s.jpg
えー結果は今回も私勝利。2勝目にて帰りの缶コーヒーゲット!

PC090090s.jpg
写真を写してもらいました。自分の姿って判らないもんなぁ。
それしてもライフジャケット・・・白は失敗だ。汚れが目立ち過ぎ。白の方が万一の不慮の事故の際に見つかり易いだろうとの購入時の判断だったのだが(^_^;)

PC090103s.jpg
喜代丸の回収はPM3時過ぎ。

PC090110s.jpg
我々のいる大島を先に回収した後に名礁水島の団体を回収して・・・大きなクーラーボックスが、皆軽かったな。

PC090112s.jpg
帰路の途中の「港の駅めいつ」にて

PC090114s.jpg
衝動買い。

とりあえず魚を買う羽目にならず良かった・・・・(^_^;)

△瀬渡し磯(串間市・荒崎)2017/12/2

2週連続今季4度目の串間の瀬渡し。今年は?今年も?串間中心です。好きなんですよね。雰囲気が。

土曜日(当日)の朝は目覚めると強烈な首筋の痛み。寝違えたのか理由は不明だが、夜に飲み会もあるのでここは大事を取って釣りは休もうか心の葛藤。だけどここで行かなきゃ男がすたる(^_^;)
もう車に乗り込むのも一苦労するほど首を曲げられないのだが・・・

PC020013s.jpg
船長に言われた最初の瀬は先週と一緒で、先週は小潮、今週は大潮という事なので潮による雰囲気の違いが検証できると思っていたけど、一度様子見に行かれて「無理だ~」って事で、私は普段は遠くて行かれない湾奥の瀬に上礁。時期によっては大型が入れ食いになる瀬だが、最近は乗せてないとのことで撒餌は効いてないぞ?魚がいるのかどうか。

PC020015s.jpg
魚はいました(^_^;)

100発100中。手前を攻めても遠投しても。勘弁して~

PC020018s.jpg
思いっ切り撒餌を被せると、やっとこれが釣れたが続かない。
またもシツオ軍団だ。

時々は撒餌に反応するヒブダイだろうというアタリでグワングワンと引っぱられ、また2回は重量と馬力が別格の魚に成す術なくて、勝手に出て行って~と緩めていても結局は瀬にあたってハリス切れ。fathomのLEVEL2を使っていたが、難なく馬力で糸を切ってしまう大物。1.75号でも45Cm前後のサンノジが瀬に付いて耐えたハリスだから、2号を瞬殺してしまう魚って・・・
話によるとコロダイが多い場所のようなので、60Cmぐらいのコロダイなら納得できる引きだ。

魚は入れ食いではあるが・・・・

PC020021s.jpg
カワハギ♪久しぶり~

PC020023s.jpg
小っちゃいけどホシザヨリ

大きいのも掛かるんだが直ぐにハリが外れました。

PC020024s.jpg
大きいホシザヨリか?と思ったら・・・・これ。

PC020026s.jpg
足元だと・・・(T_T)

終盤3立てでコナガが釣れて、さあこれからか?と言う雰囲気。潮も良くなったようです

そして!
ユルユル~と良メジナのような沈み
しっかり合わせて・・・・乗った!

これこれ、メジナと言えばこの上品な突っ込みでしょ。シツオやサンノジの下品なワイルドな引きではありません。


上ってきたぞ~
見えた・・・・・


PC020028s.jpg
お前か(T_T)

ってことでタイムアップ。
えっと首痛はどうなんだっけ?忘れてた(^_^;)

終って首をひねるとやはり痛い。釣ってるときはほんとに夢中で忘れますね~

PC020041s.jpg
干物にしようと足裏サイズのコナガは持ち帰り。カワハギは楽しみ♪

先週同様に釣り、からの飲み会

自宅に戻る間は無く、宮崎市内で銭湯に行ってからの参加と思っていたけどその間もなく・・・

突入
IMG_0585s.jpg
高校の頃の美術部の恩師の古希のお祝いです

お店は高校の頃に先生の教え子だった(私にとっては先輩)方が、当時は地元(えびの市)で飲食店をされていたが、その後場所を変えて不明だったらしいけど、つい最近30年ぶりぐらいに所在が判って感動の再開ののちに、そのお店を利用して宴会となったのでした。

ちなみにお店は
そうさくりょうりやさんKANCHO

宮崎市橘通東3丁目4-26(猫の足あと通り)

IMG_0577s.jpg

私が高校の時代から飲食店だったそのお店も「かんちょう」という名でしたが、マスターは吉本芸人のようなひょうきんな方です。
だけど料理美味し~い!
かんちょう・KANCHOとは、「艦長」の雰囲気を醸しだしてますけど、実はマスターが幼少期に頭が大きくて首は細く、その当時のシルエットが「イチジクカンチョウ」のようだったから、と解説されてましたけどホントかな?食事中すいませんと謝られながら(^_^;)

ワイン中心のアルコールに完全にダウン寸前。
飲んだときの常宿のビジネスホテルに飛び込みで行ったら、なんと新富町で行われている航空ショーの影響で空き部屋が無い(T_T)
仕方なく、車泊。
当然ながら目覚めると首痛は更に増して、更に翌朝の今も頭を真っ直ぐに起こせない状態です(T_T)

翌朝、自宅に戻ると釣具の片づけをした後は温泉に行ってのんびり過ごし、

PC030048s.jpg
夜は念願のカワハギ~

刺身とゴマ油和え

ゴマ油和えは、塩とミョウガに、今回はカワハギ肝と柚子コショウを混ぜ込んでみました。う~ん。パーフェクト!

△瀬渡し磯(串間市・荒崎)2017/11/25

先々週チームYAIBAの釣り懇親会にて、全員安打の高釣果だった串間フィールドは、元々個人的に好きな場所。
懇親会の数日後には予約を入れたが先週は悪天で行けず、一週置いての釣行でした。
元職場の先輩にも声掛けしたものの仕事の関係で急遽単独になったけど、一人だと気兼ねなく没頭できるので、それはそれで好きなのだが、大きいのが釣れても喜びを共有できない寂しさもあります(^_^;)

さて釣座は・・・
IMG_0685s.jpg
荒崎エリアの中心付近

小潮で11時過ぎぐらいが満潮で、私が乗った瀬はちょっとでも荒れると波を被るが、冬到来で西風だと完全に波を押えてもらえる場所なのでさほど心配はなく、またYAIBAの懇親会では優勝・準優勝者が乗った瀬です(^^)/
私も一昨年入れ食いを経験しており大きな期待を抱いての上礁だったけど、残念な事に仕事道具(^^ゞのデジカメを忘れている。それどころか携帯まで。
第三の撮影手段のタブレットで、とりあえず何枚か残そうと、普段は磯場には持って行かないipad。磯が低いので濡れる事が最大の懸念材料でした。

IMG_0689s.jpg

前回は波に合わせて岸に向けにウキが行くと、見えている沈み瀬付近に寄ったらスッとウキが入ってメジナが入れ食いとなったが、今回はまずウキが動かない。撒餌も打った所付近に留まっている(T_T)
そして写真のコモンフグが表層にススッと寄ってくるのだが、その数が半端ない。直接撒餌を当てるのは危険だけど、潮が動かないので手立てが判らない。とりあえず手前にガンガン撒いてフグを呼び寄せてからの遠投。
直ぐにオナガの手の平ちょっとの入れ食いになった。大きな群れが撒餌に反応している様子は見えるのだが、それだけしかいない感じだ。結構入れ食い状態ではあるが潮が動いていないので喰いは渋く、ウキが沈んでも合わせると外れる。沈んだ状態で糸を張って、とにかく竿先がピクンと動くか魚信が手に伝わる事でやっとハリ掛かりする。
時々はウキ反応がなくてもハリが切れる。午前中だけで1袋半(約20本)ほど消費。オナガは合計20数匹だろうか。
そんな中でも30Cmほどの、いわゆる足裏サイズはキープして干物かなにかにしようと思っていたが、このサイズは中々入らず、一度釣れても直ぐに撒餌が効いてハリが無くなるかシツオか。

サンノジ祭り(T_T)
IMG_0693s.jpg

満潮時刻を越して、ちょっと不安だった足元も波を被る心配は無くなって、個人的に期待している下げの始まり。
多少潮が動き出した感じで短時間の集中と思っていたが、連続二回、大物のアタリ。
昨年、一昨年と大物にやられる事が多かったので、今年は磯竿は1.5号にして、ちょっと強引に巻き取る。
前回の釣行で40Cmほどのメジナについてはこれで難なく上がる感じ。ハリスもファゾムを信頼。
それでも足元にガマがあるのかそこに向かって瀬に擦れて連続で切れてしまったので三度目の正直でかなり強引に上げたら三ちゃん。
そしてこの魚が大小合わせて10匹以上・・・・(T_T)
時々シツオも混じる。これまたイスズミ・ノトイスズミ・テンジクイサキ。
そしてイチノジ※ニセカンランハギまで・・・外道オンパレード
餌が悪いのか集魚方法が悪いのか、とにかくメジナだけ釣れないのだが。

ちょっと気になる瀬の上で時々パチャと跳ねる魚。あれってもしかしてメジナ??
以前、高い瀬の上からメジナの群れが沈瀬の上の部分に集まっているのを見た事があるが、あれかな?

そこでハリス長を50Cmほどにしてみる。ボラやハゴイタ(ウスバハギ)を狙う時の手法だ。

直ぐに結果がでました。

ユラッとウキが入ったので、MAX鬼合わせ(^_^;)
狭い瀬に2人居れば難しい合わせです(^_^;)

おっ♪壁!

外道に肩を往なされて痛いのだが負けられん。寄ってきたのはまさしくメジナ♪しかもデカ目

ただ、まだ痩せてるなぁ。
IMG_0696s.jpg

その後同じ手は通用せず1匹で終了。サイズは42Cm有りました。今季40オーバー2匹目。これは嬉しい。
というか最近のモチベーションは40オーバー確保です。

活かしパッカンに入れていたので持ち帰りサイズはこれだけだったけど、夜飲み会があるし痩せているメジナがあまり美味しくは無さそうだったので、今回はリリースしました。

帰りの船で船長と話をしたが、前回の懇親会あたりがピークで、今はちょっと落ち込んでいるようだ。
波が無いとボラの大群も寄ってきたり、昨日は水温が急激に下がっていずれの瀬も低調でした。
自分だけが貧果なのかと思ったが、周囲も釣れておらず一安心(^_^;)

ところで話題は変わり夜はチームYAIBA忘年会
開催時刻ギリギリ到着だったけど、さすがに瀬渡しの後の飲み会はキツイ。

PB250008s.jpg
場所は「嵐坊※らんぼう」国富店にて
自宅近くなので有難かったです。

「嵐坊※らんぼう」国富店は最近まではテイクアウトの店だったけど、中で飲食できるようになりました。
店長もYAIBAのメンバーなので、ここでの開催。

疲れた体には焼酎と・・・
PB250002s.jpg



PB250004s.jpg
PB250006s.jpg
釣り談義で賑わったのでした(^^

来週も串間瀬渡し・・・・かな。今回の反省を踏まえ。

ファゾムの宣伝してなかったな(^_^;)
今回も1.75号オンリーで使用したけれど、浅い棚でも違和感なく喰ってくるいいハリスです。
結節強度の強さが売り文句だけど、これは間違いないです。私も直結派なんだけどこのハリスを使用して結びを失敗する事がありません。他のハリスの場合、最後に引っ張って絞めるのだけど、その時にプツッと切れる事があるんですが、これは今だ無し。
締まる感じを味わえます。

サイトを覗いてみてください↓
fathom2.jpg

○YAIBA宮崎釣り懇親会(串間市荒崎一帯)2017/11/12

10月の大会が延期になり、今季初の釣り懇親会は串間市の荒崎一帯でした。
すでに昨夜、YAIBA宮崎の広報ブログにて結果は報告済みです。

2017/11/12「磯釣り大会in串間」渡船・室丸

PB121046s.jpg
AM5時に集合。コンビニでゆっくりしていたらちょっと遅刻してしまった(^_^;)

PB121050s.jpg
参加賞です。先週も使った新製品V11。オキアミ似のパレットが・・・・きっと深い意味があるはず(^_^;)

PB121059s.jpg
私と同時期に「fathom」のモニターになったMAさんが、メンバーにfathomの良さをアピール!
「いいハリスだよ~」

PB121062s.jpg
くじ引きで支部長・副支部長が最初の瀬

私は釣友KAさんと二番瀬
低くて大潮だと姿が消える瀬でした。

PB121065s.jpg
丁度太陽が頭を出した時間

実釣は7時半ぐらいから・・・

PB121069s.jpg
基本セットはこれでスタート
まだ活性が高いと判断しfathomLEVEL1.75でスタートです。つまりちょっと太目で掛けた魚を大事にしたいのです。

先にスタートしたKAさんに直ぐに釣れたのはシツオ

そして私にも
PB121073s.jpg
手の平ちょっとのシツオですが、おおっ!これはレアシツオ。テンジクイサキだ。

実釣前に足元に撒き餌をがっちりと巻くのが私のスタイルだけど、撒餌は流れず下に落下していきます。魚の活性は高くてすぐにヒブダイの大物が表層まで浮いてきた。もう掬えそうなぐらい・・・

3匹続けてシツオを釣っている間に、KAさんが大きな竿曲がり
PB121075s.jpg
うわっ。やられたか!?
PB121076s.jpg
おや?アディダスラインが(^_^;)

私にも
PB121078s.jpg
小型だけど・・・

PB121079s.jpg
おっ?これはテンジクイサキではないな。標準和名イスズミでしょう。

PB121086s.jpg
外道オンパレード

ちょっとハリが小さすぎだろうか。
PB121090s.jpg
4号→5号。試しのピンク。ほとんど使った事がないんだけど・・・

PB121088s.jpg
直ぐに結果がでました。魚が大きくなったぞ。
ちなみにニセカンランハギはちょっと興味が湧きます。もしかしたら別魚?カンランハギの可能性もあるので。

潮が動かないので遠投したりして探っていると・・・・・
PB121092s.jpg
やっと釣れました!30Cmちょっとでしょう。KAさん、どうよ~

PB121095s.jpg
あら?釣ってるじゃん。サイズも一緒ぐらいだ。

でも続けて・・・・

どうだ!
PB121096s.jpg
きましたよ~今冬初の40Cmオーバー

だけど、なんとも痩せてるなぁ。食欲は沸きません。

風が強く潮は全く動いてない状態で、この後は続きません(餌取ばかり)

PB121101s.jpg
ナガサキスズメダイ

PB121104s.jpg
コモンフグ(KAさん)

PB121109s.jpg
ノトイスズミ40Cm超

PB121116s.jpg
ヒブダイはちょっと小さめ(KAさん)

PB121122s.jpg
バリ※アイゴ40Cm

PB121124s.jpg
イトフエフキ(KAさん)

PB121131s.jpg
オキゴンベ(KAさん)間違った・・・イソゴンベでした(^^

雑魚の小物・大物交互に釣れます。
釣れぬはメジナばかりなり・・・コッパもいません・・・

PB121128s.jpg
竿はずっと曲がってるんだけどなぁ

PM2時が満潮のようだけど、昼ぐらいには時々だけど足元を波が洗う(@_@;)
PB121146s.jpg
もう水面ぎりぎりです。

3時回収だけど2時前にはお片付け。メジナが釣れる雰囲気もなく・・・

それにしても外道は凄かった・・・
実はぶち切られ(高切れ)1回に潜られて切られる事5回。何せトルクがあり過ぎます。まあでもヒブダイか大型シツオって感じだけど。それにしてもfathomハリスは強いですよ~瀬で擦れる感覚はあっても切れません。切れるのは口元ばかり。

一般客より1時間早めの回収で、40Cm強サイズも釣れたので上位入賞期待していたけど

PB121156s.jpg
ガビ~ンこんなに釣れてるの?

皆さんそれなりでした。
KAさんと私微妙だったので、きっと場所が悪かったのでしょう。腕は?腕も?でもそれを認めてしまうとKAさんもそうだという事になってしまうので、まあ場所なんですよ。でもこの場所の常連の「南のYO-KO」さんはいつも爆釣されているけどなぁ(^_^;)

という訳で・・・
PB121175s.jpg
優勝の3名

箸にも棒にも掛かりませんでした(^_^;)
PB121166s.jpg
まあでも、まあ苦しかったけどこんだけは釣れたし・・・
40Cm超は嬉しいですね~

PB121177s.jpg
今回は参加者が少なかったけど、魚の反応は良かったです。1ヶ月延期で思いがけず釣れだした場所にはまったという感じです。

串間市荒崎一帯はスタートが早くて後半も遅くまで釣れるんだけど、それにしても早いですね~
しかしまだメジナ、痩せてますよ。

最後にちょっとfathomの良さをば。
今回1.75号だけの使用でしたけど、最初2ヒロでだんだん短くはなったけど、道糸が飛ばされたときの1度のみの消費でした。つまり4ヒロの消化。これは私の普通の約半分です。つまり根ズレで中間が切れる事が少ないという事です。
また伸びる感覚もあるのでヒブダイなどの強烈な引きこみに負けません。しいて言えば道糸が切れてしまったのが1度あったけど、ハリスの強さに負けてしまうのでバランスは注意しないとウキを飛ばしますね。
40Cmちょっとぐらいのメジナなら難なく1.75号は上がります。
お勧めですよ~

ぜひサイトを覗いてみてください↓
fathom2.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。