FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●YAIBA定例会(門川町・沖瀬)2018/12/16

今季初参加のYAIBA定例会
今年はYAIBA宮崎の釣り企画は4回の予定です。定例会が3回で前2回(11月・12月)が予選。最後(2月)が決勝で、それとは別に1月にペアマッチ大会があります。
予選で上位5名の入賞者が決勝にて争い、今年の優勝者が決まるのだけど、まずは予選会で5位内に入ることが目標(^^)

場所は幸島(市木)のマリンブルーの予定だったけど、この日の天候は小雨&波が上がってくる予報にて前日の連絡網にて急遽門川開催になりました。11月も門川だったので2連続。いつ行っても厳しさを感じる門川なのですが・・・

瀬渡し船の「磯八丸」は仮眠可能な待合所があります。
PC163347s.jpg
朝5時集合。気の知れたメンバーなので雑談に華が咲きます。瀬順などをくじ引きで決定
私は微妙な5番

ちなみに当初参加予定は14名でしたが、急な変更に対応できたのは9名でした。

PC163358s.jpg
期待の船中。門川の沖は割と距離があるのでディーゼルの振動が眠気を誘う(^_^;)

くじ順の1・2番がまず地の松バエに降ろされて、3・4番が沖の松バエ先端
そして私はNA会員と一緒に沖の松バエの陸側。広い場所なので主催者K支部長もここに降りて一緒に竿出し

夜明けとともにまずは1匹の顔を拝みたい私とNA会員は急ぎ準備を終えるとサッサと開始するが、K支部長はエギング。

しかし・・・潮は立ち位置に対して向かってくる潮で、足元から横に流れる。その潮にウキをゆだねても瀬際にくっ付くのでやりずらい。
そうこうしているとK支部長もフカセの準備をして我々の隙間にて開始

そして

(@_@)

PC163369s.jpg
PC163371s.jpg
いやいや、なぜそんなに簡単に(@_@)
腕の差を見せつけられました。

NA会員も
PC163362s.jpg
・・・やられたか~
PC163364s.jpg
残念。バリですね~

その後もバリはちょこちょこ。
だけど私は釣れない。

渋いだろうという想定で全誘導仕掛にしているのが理由かも。タナぼけしているな。

そうしているうちに潮が上がってきて足元を時々波がさらうようになった。危険な感じではないのだが釣りづらい。

PC163376s.jpg

早々に波裏に移動していたNA会員は良型カワハギが釣れていたが、唯一の土産

見回り船が「危険だから場所変えしましょう~」というので、粘れば釣れそうな気もしていたけど、とりあえず移動

ここ行きましょう・・・と言われた場所は
PC163394s.jpg

げっ。岩斜めってるやん。滑らないのか?雨も降りだしたが・・・

PC163392s.jpg
まあなんとか(^_^;)

K支部長は別の場所に移動し2名で再開

ここ・・・

PC163382s.jpg

巣でした(^_^;)
手袋が裂けているのは気にしないで(^_^;)

とにかく遠投して、やっと時々25Cmのコナガ君がポツンと釣れる・・・

そして完全に満潮の潮止まりの時間帯になると

PC163390s.jpg
ハリは無くなったりこれが釣れたり。

というかこれしかいないじゃね?と2人で嘆きあい。

結果

PC163395s.jpg
回収船の中は、雨だし疲れたし~という目も虚ろなメンバー方

PC163403s.jpg
私規定ぎりぎりのサイズを4匹で、何とか5位内入賞
PC163404s.jpg
ちと恥ずかしいサイズ

優勝者のカゴは
PC163400s.jpg
燦然と輝くデカ尾長

ちなみに二位と三位は

PC163397s.jpg
PC163398s.jpg

というわけで計量持ち込みは4名のみ。従いまして私、4位でした(^_^;)
嬉しいような恥ずかしいような。もっとデカバンで勝負したかった・・・

PC163414s.jpg
優勝は我が地区長の役員YOさん!おめでとうございます!

写真は左から、3位のKANさんに、優勝のYOさん、2位のTAさんです

PC163413s.jpg
持ち回りの優勝トロフィー

最後に腹鰭がぽきっと折れたのはご愛嬌。もともと折れてはくっ付くを繰り返すのです。

PC163416s.jpg

次回は1月20日(第三日曜日)のペアマッチ大会。これは景品が楽しみな大会です。

●瀬渡し磯(南郷・大島)2018/12/9

釣友KAさんとの今季初の対決━(゚∀゚)━!
場所は南郷inかいゆう丸でした。釣り大会が入っているとのことで近場も覚悟。行きたいのは大島。
週末にかけて寒波が入り、終日寒さに震える釣行でした。

48243202_2048440421903663_6812882926863122432_n.jpg

5時半過ぎに出発。船長お任せで、まず降ろされたのは「鳥帽子島」
状況を見て、行けそうであれば見回りの時間に瀬替わり予定。以前乗ったことがあるけど餌取がとても多かった。さてはて・・・

満潮時間なので瀬が低くて時々波が足元に来るが危険な感じではない。期待の一投目は・・・
48058981_2048440218570350_8525588744886026240_n.jpg
スッとウキが沈んで結構な手応えで浮いてきたのは本命でした(゚∀゚)

大きさは30Cmを超えるぐらいで、なにこれ・・・とんでもない釣果になるんじゃないか?

という期待もむなしく
48084509_2048440368570335_1103117239936090112_n.jpg
48366429_2048440408570331_2521604573978689536_n.jpg

撒餌に反応して直ぐにこれらの魚

遠投してもギンユゴイがワサワサと湧いてくるのが見えます。

瞬間に餌が無くなる・・・・(T_T)

KAさんとの釣りは毎回「対決」です(^_^;)

ルールはメジナ5匹の長寸勝負。
今回近場の釣りなので、大型は出ないだろうと20Cmオーバーから計量対象としたので、小型でもキープしたが、あっという間に5匹は釣れたものの・・・良型が出る雰囲気なし。というか餌取を交わしきらない・・・

11時ぐらいに見回りが来て、瀬替わりするから準備しといて~ってことで

47681526_2048440351903670_2.jpg

道具を片付けるとすぐに海鳥飛来。一緒に記念写真(^_^;)

さてこれからが本番!

47580817_2048440291903676_668836449344290816_n.jpg

乗ったのは大島の随分と奥にある「ひめ瀬」かな?昔の釣り場空港写真を取り出して調べてみるけどちょっと判りずらい。
とにかく岩自体は大きいが足場は微妙で荷物置きも苦労する場所。気を抜くと滑って落ちそう~
ただ雰囲気はいい感じだが。

釣行開始30分経過~。全く餌が取られない。付餌が冷え冷えだ。冷たい海水が巡っている場所なんじゃないか?
ここ魚いるの?

風は気になるほどではないが日も出ず寒いまま。結構着込んでいるがとにかく体が動かないので仕掛を工夫する気持ちも薄らぐ。

そんな中

48336049_2048440228570349_531334462932254720_n.jpg

はぁ?
何やらかしてくれてんですか!

黙々と仕掛を投入していたKAさんに、粘りが大事だということを見せつけられた一尾。

負けた・・・かも。今回は余裕の勝利のつもりだったけど。

私にも
IMG_20181209_122915s.jpg
30Cm程度のコナガは釣れたけど

KAさんのメジナ38Cmには及ばない

47680402_2048440175237021_4630174465362231296_n.jpg
結果はこれだけ。地グロ釣り切らず

帰りにめいつの「港の駅」に寄って
48273134_2048440155237023_551745994358784000_n.jpg

KAさんが大人買いするもんだから、釣られて私も(^_^;)
以前も買ったけど味忘れていた。これマイウ~です。

今年はまだまだ餌取が多い感じです。未熟でかわしきらないな。今季まだ見ぬ40Up。いつになるやら。
ストレス解消のはずの釣りでストレス(^_^;)

良型1匹の差で勝負も負けました(^^)くやし~
それにしても釣り歴は私の方が随分と長いんだけど、KAさんも上手になった。
えっと上から目線発言?

○瀬渡し磯フカセ(日南海岸)2018/12/1

夜は飲み会があるので遠出は避けたい。だけど瀬渡し磯には行きたいので、もっとも近い日南海岸にしてみた。
約2年ぶりの「瑛翔(エイト)丸」in鶯巣漁港。今季から船が大きくなりました。
先週釣れている情報があり、ダメ元でメールしてみたら、トビセ1番が空いているってことで予約しておくと連絡あり。
その後、H岩が空いたので、相乗りだけどそちらにするか?と打診があり。先週釣れたY瀬の離れも空いているけどと言われたが、タタミ一畳あるかどうかで、しかも波があると間違いなく被る感じなのでそこはお断りしました(^^)

朝6時半出発。私は瑛翔丸2回目だけど、2年前の1度目もH岩で、とてもいい釣果だったが足が遠のいてしまい、最近はあまり釣れてないそうで、どうもコッパが多いらしい。
干潮の時刻なので荷上げが大変だが、前回は1人で苦労したものの、今回同行者がいるのでまあ楽。
相乗りということで、常連だというNAさんと一緒だが、私よりちょっと先輩で愛想も良い方でほっとした。
PC108698s.jpg
※前回行ったときに写したH岩です

PC013306s.jpg
穏やかではあるが、若干うねりがある。ここは下りの潮が良いのだが、どうも上り潮で釣り座は潮が向かってくる感じだ。
岩の反対側に仕掛けを流したいが、足元は岩が張り出していて厳しい。仮にそちらに流しても、間違いなく釣れたら足元で引っ掛かる。NAさんは沖向き。私は岸側に座を構えて開始。

いろいろ試したくて、まず気になっていたAURAの00号のウキをセット。
潮がもう少し動いていれば餌が横に引っ張られるのでさほど沈まないと思うが、この日はウキ自ら早めに沈みすぎる。
そこで0号に変えると沈まず、馴染み感がない。撒餌に対しては凄い数の小型メジナの姿は見えるが、すぐに喰ってくる餌取り状態だ。
PC013309s.jpg
ただ嬉しいのはオナガ(クロメジナ)ではなく口太。オナガが湧いているときは何処に仕掛を入れてもそればかりだけど、口太の場合は撒餌ワークで大型と分離できると思う。

とりあえず足元の撒餌でコッパを集めておいて、少し遠投して魚を探る。ちょっと遠目に大きいかなと思われるメジナの群れの姿も見えるが、潮が向かってくるのでウキ反応が悪い。

そうこうしていると、遠目にウキグレの姿。
いよいよこの時期です。これが瀬につくと大型も釣れだすのだが。

とりあえず岸向きに、沈み瀬回りを探ってみると
PC013310s.jpg
定番雑魚の「ニシキベラ」(-_-)

そして
PC013315s.jpg
30Cm弱の「リュウグウベラ」雄型だ!
ニシキベラの親分だと思った(^_^;)雰囲気は似ているなぁ

これはレア魚です。過去10数年前に一度、南郷町大島で釣った事があるがそれっきり。
文献を見るとこれは八丈島と沖縄諸島以南に生息するとのことなので、宮崎で釣れるのはかなり希少な気がします。ってなわけで個人的には結構満足感大。

味をしめて同じ場所を流すと
PC013316s.jpg
定番雑魚の「アカササノハベラ」(^_^;)

とりあえず足元の瀬際を狙うと

PC013320s.jpg
シツオ(T_T)・・・テンジクイサキです。
時々ウキが瞬間消え、手に負えない引きをしたあげくにハリのチモトがスパっと切れるアタリがあったが、まあそれはシツオの大型だろう。5回ほどかな?とにかく足元はコッパかそれか。

PC013322s.jpg
あちこち探るうちにこれも。
セダカスズメダイです。これは瀬渡し磯でしか釣れないが、ちょっと大き目のスズメダイの仲間。

とにかく潮が下って行くことを願いつつ、あちこちと探ってみるけど釣れんなぁ。

時々気持ちよくウキが消し込まれるが
PC013333s.jpg
おっ、ショウサイフグだ。
何度もハリを持って行かれる。潮が悪い証拠だよなぁ

昼2時ぐらい。
緩やかに動き出した!

まず私に2匹連続でシマアジが釣れて、
PC013331s.jpg
NAさんも・・・

PC013337s.jpg
30Cm前後のシマアジ

30Cm程度のメジナも混じり、私には35Cmメジナも。

1時間ほどの間にバタバタっと釣れて、やはり潮大事だなって痛感。
その後また潮も止まり・・・終了

PC013339s.jpg
シマアジ3匹・メジナ3匹。丁度いいぐらいかも。
うねりのせいか他所も厳しかったようです。

47295533_357295835078530_57.jpg
ちと恥ずかしい記念写真。照れてます。

実はその後・・・
自宅に戻って準備してから飲み会に行こうと思っていたけど時間が無い!

そこで釣れた魚は飲み会に持ち込み(飲み屋さんの了解を頂いて・・・)

47109520_652931925102504_40.jpg
刺身&焼き魚にて頂けました!

もつ鍋専門の店だったけど(^_^;)
47378822_1989125924496551_6.jpg

さすがに釣りに飲み会はもうボロボロのはずなのに、調子こいて
47187847_337923633606535_64.jpg

夏におこなった美術展「ヤギノ会」の先生や仲間との忘年会で、魚はとても喜んで頂きました。

ただ、飲んだらいつも泊まる定宿が、空いていたけど2000円も高かった(^_^;)
どうも航空祭に向けて高い設定の日だったようで・・・ちとショック(^_^;)

△フカセ釣り(串間市・恋が浦)2018/11/24

三連休の中日は、計画では前日の野間池釣行の疲労を癒すために自宅でのんびりして、開催中のリコーカップのチケットも入手したので覗いてみようかな?そして夜はYAIBA宮崎の忘年会もある。

まずは前日の道具の片づけしなきゃな。残った撒餌をバッカンに入れたままなので、ビニールに移して冷凍しておかなきゃ。
ぼんやりと考えていたが・・・・
ゴルフ見に行く・・・・?面倒くさいかも・・・・
道具の片づけ・・・・・面倒くさいかも。

この時間と餌があるなら、もしかして・・・釣り?

そうだよ!釣りに行けるやん。

確か釣り友IHさんが、「恋が浦」に行ってるはず(勘違いでした)

ってことで前日のブログを仕込み終えた後、AM10時半ぐらいに車で自宅を飛び出した。
途中で連絡が付いたIHさんは、実は鹿児島の佐多岬の方に行かれていたことを知り残念だったけど、走り出した車は止まらない(^_^;)

ってことで
PB243301s.jpg
PM1時ぐらいに到着!※途中で買い物や食事などを終えて。

釣り人少ないから釣れてないんだろう。ここは珍しくシマアジがよく釣れる防波堤で、多いときは隙間がないほどに人がいるのだが。

ちょっと歩かないといけないので道具の運搬は大変だが

PB243299s.jpg

当然キャリーも持参

さて実釣

かなり引いた潮なので沈んだテトラが顔を出すほど。大物がきても上げられるのか判らないのでまずはシュミレーションだ。
ここに引いてきて、このテトラの隙間で寄せて・・・・

そして一投目

真っ直ぐと前に向かってウキがゆっくり流れる理想の潮
そして竿3本ぐらい前には沈み瀬があり、そのキワあたりで来るはず・・・・
わずかに表層の水中を漂っていたウキがゆっくり沈み・・・
糸を張り・・・

キター(((o(*゚▽゚*)o)))

イメージ通りに何とかテトラを避けられて・・・











おおっ!?尾鰭白いんじゃない?
もしかするとやっちゃったか?今期初40up?










(T_T)

PB243288s.jpg
白い尾鰭が見えたとき、思わず本命!って思ったけどなぁ

まあ良型だが。

引きを楽しんだので宜しい。良型上げる感覚はつかんだしな。いい練習です。

そして目の前には一気に

PB243297s.jpg

トウゴロウイワシ(T_T)

※うんちく:肛門の位置で標準和名「トウゴロウイワシ」か「ギンイソイワシ」かが判ります。左右両腹鰭の間に肛門があるこれはトウゴロウイワシで、ここで実績があるヤクシマイワシとも似てますが、頭の形が違います。

餌を喰らってくるサイズで、もうどこに投げてもスコスコとウキが沈む

超遠投してやっと気持ちいい重み


本命なのか!







PB243294s.jpg
野間池より大きいじゃないか。二日連続

これが釣れるときはメジナ厳しいですね~
潮のたるみが強すぎる感じ。突然メジナに入れ替わったりするけど。

もう一投ごとにトウゴロウイワシなので、
それを餌にしてみる。

実は時々下から突き上げてくる魚がいました。たぶんヒラスズキ。

なんだけど、あーだこーだとトウゴロウ生ルアーを駆使して誘ってみたものの

残念ながら何も起こらず(T_T)


3時間弱遊んで、一旦自宅に戻り、また宮崎の繁華街でした

46653036_2027125994035106_3299167763938934784_n.jpg
YAIBA忘年会
近所のMAさんが迎えにきてくれて、珍しく2次会まで楽しんだけど、今朝は酒は残ってないと思うけどダルダルです。
そういう年齢なので(T_T)

●瀬渡し磯(鹿児島・野間池)2018/11/23

まだ先週の奄美大島遠征の余韻を残しつつも、当然三連休も有効に使いたいのでまたも遠征(^^)
今度はがっちりメジナ釣りたいのです。場所は野間池♪初エリア

先月、隣の地区の坊津の「fathom釣り大会」にて行ったばかりだけど、その時に釣れなかったのでリベンジの気持ちもあり、またその直後に昔からネットでは交流がある「アキヒト」さんからお誘いも頂いて実現しました。

ちなみに「アキヒト」さんはWEB魚図鑑で常連さん。現在投稿されている数をランキング形式で表示しているページがあり、現在私は13位なんだけど、先日同行のMARI-Jさんは2位で、アキヒトさんが9位
2018112401s.jpg
※ちなみにこのランキング表はオフ会の際の飲みの会話の中、私が開発のJUN坊さんにお願いして作ってもらったものですので、思い入れがあります(^^)

アキヒトさんとは10年ぐらいネットでの交流があるような気がしますが実は初対面。会った時の会話も「初めまして~。でも初めてじゃない気がします。」って感じでした。なのでどきどきというか楽しみ。結果は想像の通りの方で、とても和まされました♪

野間池という地は、以前アキヒトさんが何度かメジナ爆釣されている情報を上げられているのを見て行きたいと思っていたのだけど、今回打ち合わせの上行く事になり、手配は完全にお任せになりました。瀬渡し船は「栄進丸」
PB233280s.jpg

朝7時出航とのことだったけど、野間池までは車で3時間以上かかるし着いてすぐバタバタと準備して出るよりは、前夜入りしようと、前の夜は帰宅し食事等を終えた後に準備し、自宅を夜10時過ぎに出発。買い物などして到着したのが夜中2時前だったけど、いやいやいやとんでもない暴風だ。駄目でしょこれ。というか行きたくないよ~

とりあえず普段は飲まないアルコールを注入して気絶(^_^;)
しっかり車泊で6時過ぎに目覚め、アキヒトさんに連絡するとすでに近くに待機されてました。

初対面の会話を交わし、荷物を船に積み込みます。夜中の爆風は強風・・・ぐらいにおさまっていたけど、それでも普通は断念するレベル。船長が登場して、釣り方講習が始まった(^_^;)。とても会話が好きな方のようだ。それにしても中止という言葉は出てこないな。こんなの普通だよっていう雰囲気。

PB233244s.jpg
写真では判りにくいと思うけど、景色は良いものの常に波しぶきのシャワーを浴びて向かってます(^_^;)
ウグロ(鵜来)瀬に乗せると言われたが、風裏になるのはここしかないだろうとネット情報見て想像していた場所でした。

ただ
PB233249s.jpg

やばくね~?(@_@)

我々2名はもっとも条件が良さそうではある沖側の瀬なんだけど、とにかく満潮時間のここ、荷物を置く場所すらないぞ。
ここで釣れと言われる場所に移動するには引き波を利用するしかないけど怖すぎ~

とりあえず何とか撒餌を混ぜ、仕掛を準備して潮が引くまで高場から仕掛を投入してみます。

PB233251s.jpg
集魚剤にはさほどこだわりがないのだが、昨年使って好印象だったマルキューのV11と、前回小山田カップでもらった、どこかで見たような(^_^;)撒餌をブレンド。どこかで見たやつは全く無臭だが(^_^;)

PB233252s.jpg
たそがれるアキヒトさん(^_^;)

それでも

PB233257s.jpg
さすが・・・ピンポイントで釣り上げた。30Cmはオーバーしているな。

PB233255s.jpg
私も開始すると、コッパは入れ食いの様相
遠投するほどに大きめのコナガが釣れるが、大きくても困る手前の沈み瀬。とにかく前に出るまで釣りにならない・・・

PB233260s.jpg
10時過ぎにやっと前に出ることができた。
そしてアキヒトさんに大物のあたり。
えっとこれ、タカ切れしましたっけ?残念

私も30Cm超えのメジナが1匹釣れたが、続けて
PB233262s.jpg
テンジクイサキ・これまた30Cmはゆうに超えている。

何度かハリのチモトをぶち切って逃げるやつがいたがこれの親分か?オナガなら嬉しいのだが。

PB233264s.jpg
ちょっと前まで海に浸かっていた部分が露出するとこんな感じ。
とても釣れそうなんだけど、引き潮にて急激に水温低下した感じで、ちょこちょこ釣れていたコッパが突然消え、足元でも餌が残るようになった。こうなるとお手上げ。

とりあえず足元に粘り強く撒餌を打ち、際々を探っていくと、やっと
PB233268s.jpg
(T_T)

沖向きで厳しく、岸向きを狙っていたアキヒトさんは、5回も切られるアタリがあったようで、最後に浮いてきたのはデカアオブだったようです。
私も際狙いで写真のニセカンランハギと、1匹メジナを追加できたけど、瞬殺が3度、2回ハリ外れ。
魚はいるんだけど喰い渋りなのか掛かりが浅い感じ。

PB233270s.jpg

おおっこれは大物では?

PB233272s.jpg
ブーですね(T_T)。赤。
食べたらおいしいけど

背中から風を浴び、水中は温度低下で不満が残る釣りでしたけど

PB233279s.jpg
まあ釣りできた喜び。刺身は何とか取れそうサイズ(33Cm×2・28Cm×1)

見ていた印象だと皆さん同じ程度の釣果だったみたいです

PB233281s.jpg
回収時、船の窓に映るツーショット写真をパチリ
自分がどんな格好で釣ってるのか気になるんだよなぁ。以外とナルシスト(^^)

PB233283s.jpg
回収がPM2時だったのでまだ陽があるし、消化不良な感じでもあるし、船から降りて車で15分ほどの港でチヌ狙い。アキヒトさんが好きな場所のようで、大物チヌの宝庫らしいです

・・・・が・・・・残念でした。

沖で釣れた程度のメジナが釣れていたり、行った直ぐに隣の遠投カゴ釣りの方が50超ぐらいのチヌを上げてました。確かにいい場所のようだ。1時間程度で終了。磯場より寒くて・・・

まあ今年初めてきちんとしたメジナを釣ったような気もしますので良かったかも。
そしてアキヒトさんとは来月宮崎で再会の約束!これまた楽しみ~!

このカテゴリーに該当する記事はありません。