宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●スルルー(串間市・鳥島)2017/6/17

3週連続のスルルー
紅はるかさんと一緒です。何とか成果を出したい私と、何とかスルルーの楽しさを伝えたい?紅はるかさんとの今回の戦場は串間市の幸島からでる瀬渡し「マリンブルー」にて。※正確には幸島に遊覧で渡してくれる石波港から。
エリアは串間市の市来~名谷付近の地寄の離れ瀬と、幸島・鳥島。私は両島ともに渡った事もないので、それだけでも楽しみ。

P6170882s.jpg

厳しい競争がないせいで出発時間も遅めです。朝6時待ち合わせ。
たぶんここは何時に行っても渡してくれるし帰りも自分の好きな時間に連絡すればいいようです。(良識の範囲だと思いますが)

で、期待の釣座は!

P6170932s.jpg

奥に見える島が幸島で、つまり鳥島の陸向き。2人で釣るのはちょっと微妙に狭いし平らな釣り座ではないのが苦しいけど(^_^;)

まあそんな場所がいいのかも知れない・・・けど潮・・・・雰囲気微妙な感じもする。

P6170881s.jpg
今回はキビナゴを思いっ切りばら撒いてみる所存(^_^;)

どうも「釣り具のポイント」の戦略にハマっている感じだが、まあそれは置いといて・・・
キビナゴのパックが500gで400円だったけど、写真は3Kg入り。これで2000円です。前回・前々回は500gを2個だったので、今回は3倍撒きまくります(^_^;)
ただ・・・この器はどうにかならないものか。クーラーボックスやバッカンに微妙に入らない大きさだ(-_-)

潮は緩やかな感じで、メジナ狙いならちょっと期待大なんだけどスルルーはどうだ?

・・・・数投目・・・・

P6170889s.jpg

うっ

なんか気持ち悪いぞ。ウミヘビ?いやいや鰭があるし魚類だろう。ウツボ系なら糸に絡みつくけど蛇っぽいし暴れる。
そのままぶち切ってしまおうと思ったが冷静になり、とりあえずクーラーボックスで仮眠してもらう。

そして
P6170909s.jpg
結構長いな。90Cmほどだろうか。

紅はるかさんが携帯みてふむふむ。これじゃないですか?ってのが

WEB魚図鑑→https://zukan.com/fish/internal1292「モヨウモンガラドオシ」

ああ、これですね~

それにしても
P6170911s.jpg
凄い(変な)歯だし凄い粘液

ウツボコレクター?のIHさんが羨ましがるに違いない(^_^;)

などと遊んでいたら
P6170897s.jpg
紅はるかさんも・・・遠目にも判るコテコテの「トラ」です。今日はウツボ祭りか?

目の前には餌取りが増えてきて、もうキビナゴすらが突かれて?無くなる状態だけど・・・

おっなんか釣れた・・・・
P6170919s.jpg
標準和名オニカサゴ・・・なのかな?もしかしたら「ヒュウガカサゴ」?

P6170930s.jpg
紅はるかさんも。

この魚は私が1匹・紅はるかさんが2匹でした。

それにしても潮微妙。わずかに流れている感じもあるが、横から撒きこんでくる強風に煽られている感じもするし、寄せ潮でもあります。釣れる気がしない(T_T)

P6170927s.jpg
足場悪かったから・・・疲れます。

一度だけ・・・・大きな引きがありました。横に走って残念ながらハリ外れ。たぶんヒラスズキ

後半。もうダルダルで仮眠休憩をはさんでしばらくして・・・

おっ!
P6170938s.jpg
紅はるかさんが変わったウツボ・・・・

これ、ワカウツボみたいですよ~と調べられて、あれあれ聞いた事があるな・・・
しっかりこのBLOGではお魚紹介してました(^_^;)

http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-963.html

綺麗に写せたから紹介写真もいずれ差し替えます。

終了間際、奥で釣っていた方が
P6170947s.jpg
初めて見るような格闘なんだけど、何でしょう?

瀬に張り付いたようで、10分以上格闘の末

ちょうど回収にきた瀬渡し船(他船)で、引きずり出し作戦・・・かな?
P6170950s.jpg
船でバックして引っぱったものの、残念ながら瀬切れだろうか・・・

結局私は
2匹(ウツボとオニカサゴ属)で、大きな引きも1度味わったのでまあまあいいかな?って感じ。

紅はるかさんは
ウツボ2匹にオニカサゴ2匹。だけど不満だったようで・・・・
たぶん今日も行かれてます(@_@;)

P6170956s.jpg
猿のイモ洗いが有名な幸島は、今年は砂が盛り上がり干潮時間は陸続きになります。
昔はそうだったけど・・・

回収の後にちょっと歩いて行ってみました。猿は不在(^_^;)

鳥島は沖向きに名礁の「タロージロー」があるけど、そこに乗った方も残念だったようなので、たぶん潮が悪かったんでしょう。
3週連続潮が悪かったのか。いつがいいんだろう(^_^;)←腕が悪いと聞こえてきた(^_^;)
否定はしません(^_^;)

来週はスルル―は休憩。グレ狙いの大会です。天気はどうだろう。
それにしても梅雨なんだけど連続で週末釣りさせてもらえているだけでも有難い事です。

スルルー三戦目の朝

今日は幸島周辺。瀬渡しマリンブルーです。あと1時間程度で出発予定(現在AM2:30)
どうでしょうね~

IMG_0237s.jpg

前の2回は大きな魚が釣れた時の準備ができてなかったな。それが問題かも(^_^;)

初めて喜界島に行ったときに、大型魚をキープするために「ストリンガー」購入したんだったよなぁと倉庫を探して、やっと見つけた♪
島釣行ではいつも持っていってたけど使わずじまいで、今年の西表のときは存在すら忘れてたな。

おお!メーカーはベルモントじゃないか。たぶんワイヤーで丈夫そうだなとか、感覚的に好みのものを買ったんだと思うけど、ベルモントというメーカーは最近気にしだしたので購入当時は無頓着だったと思う。

今日はぜったい初使用してやる!

5匹分だから・・・

ヒラスズキ・シブ(フエダイ)・ハマフエフキ・カツオ系・ヒラマサ・・・で五冠だな。

当初は大島先端※ヤヒヨ・平瀬に行きたくて、瀬の当番は「喜代丸」なので、それで行く予定だったけど、同行の紅はるかさんが電話したところ今日はお休みだそうで・・・
かいゆう丸に連絡すると大島は微妙らしい(波?天候?)
そんな訳で幸島になりました。瀬はよく判らないのでお任せになるのだろうか?

とにかく三度目の正直、スルルーを皆がやりたくなるような釣行記を残せるようにガンバロー。ってか潮だけどね。

416.サビウツボ

レア度★★★☆☆ 宮崎で釣れた魚


ウツボ科>ウツボ属>サビウツボ
Gymnothorax thyrsoideus (Richardson, 1845)
P6040831ss.jpg
P6040834s.jpg
2017/6/4 日南市南郷沖磯 58Cm 釣り人IHさん


4月の西表・石垣島釣行以来、福岡県柳川などを経て早や2ヶ月経過しているけど、ついにお魚写真のストックがこれで終わります。
後は釣るか鮮魚店に行くか・・・しばらくは新魚登録はお預けになります(^^ゞ

ウツボ狙いの仕掛で、まんまと目新しいウツボを釣り上げられたIHさんは、この日は沖磯で他の獲物としてはノベ竿でシラコダイばかりという感じで面白さには欠けたでしょうけど、多分満足はされたはずです。魚コレクターフィッシャーマンは1回の釣行で1匹の初見種が獲れればとても幸せなんです。私もその領域です。普通の釣り人には理解し得ない心理だろうなぁ(^_^;)
魚を釣るんだから魚の名を知るのは当たり前の行為だと思うんだけどなぁ。なぜか特異な視線を浴びますけど・・・・

最近はよっぽどの僻地でなければ携帯が通じるので、魚名をスマホで調べるのも容易で、現地で直ぐにアタリを付けることができます。なのでこの魚が「サビウツボ」だという事は即座に判りました。

鉄が錆びたような色をしているからサビウツボ・・・と、単純明快だが、和歌山県以南にいるもののWEB魚図鑑に投稿されている地域を見たら離島や南方の島々で、宮崎で釣れるのは希少というか少ないのかも知れない。そういう意味でIHさん快挙です。
琉球列島では浅所で多く見られるそうだ。

写真の魚が58Cmということでまだ若魚だと思っていたが、実際にはかなり大き目の個体だったようだ。長物で58Cmと言えば実際はかなり小さいので迫力には欠け、普通のウツボは触るのは怖いけどこれは大丈夫でした。
特徴的なのは眼の虹彩が白いこと。この目・・・・どこかで見たなと思っていたが・・・・

映画「シン・ゴジラ」で出てくるゴジラ未成熟体です↓
4136.jpg
※著作権に触れるかも(^_^;)

ちょっと前に話題となった深海魚「ラブカ」っていう魚がモデルという事だったけど、目だけを見るとこれでしょう(^_^;)

この色だとさすがに食べるのは抵抗があるけれど、しっかり食材として持ち帰られた。食味は如何だったのでしょう?
感想はまだ聞けておりません。

415.オヤニラミ

レア度★★★★☆ 筑後川上流で釣れた魚


ケツギョ科>オヤニラミ属>オヤニラミ
Coreoperca kawamebari (Temminck and Schlegel, 1843)
P5280769s.jpg
P5280801s.jpg
2017/5/28 福岡県筑後川上流にてMARI-Jさんが釣り上げた魚


魚名が「親睨み」とは、なんと個性的なんでしょう。指折りの珍名ですね。
諸説あるようだけど卵を育てる雄が「睨みをきかす」とか縄張り意識が強いので親にでも「睨みをきかす」からだとか、写真下にハッキリ写っている眼状紋だが、これがいつ見ても「睨んでいる」ように見えるからだとか・・・

海と川を行き来しないスズキ目の魚はこれだけなんだそうだ。元々四国や九州に分布していたけれど関東や愛知・滋賀などでも国内移入種として定着しているらしい。淡水の魚はほんとにグチャグチャ。生息分布なんてあってないようなもんだ。
鑑賞用に採取されたり、ブラックバスなどの外来種の影響を受け個体数は減っていて環境省によるレッドリストで絶滅危惧II類に指定されているそうだ。四国の香川県や徳島県では指定希少野生生物に指定されており捕獲や採取、殺傷が禁止されているよう。
本来生息していたエリアでは激減していて、他の地域に分布は広がっているおかしな現象。

この魚は私と横並びで釣っていたMARI-Jさんが細い胴突の仕掛で釣ったのだが、目の前にいて、下の錘に向かって攻撃してきて、一度餌を喰ったものの離れ、再度喰ってきたとのことで獰猛な様子が伺える。
成魚でも15Cmほどという事なので大きな魚ではないのだが、なぜか大きく見える。眼状紋のせいだろうか?注意深く見るから目の錯覚がおこるのかもしれない。

九州でも生息しているのは北部で宮崎には居ないようだが北方エリアの延岡・北川などにはいると聞いた事がある。
筑後川の下流域の水郷柳川では馴染みの魚のようで、北原白秋が謳っている詩歌の中に登場する「水くり清兵衛」はこの魚の事で、九州の、たぶん柳川周辺の地方名らしい。
どうもその名「みずくりせえべえ」の由来が判りにくいのだが、清兵衛という人に携わる昔話があって、それが語源のようだけど今一つ判らない。
ただこの話は遠い昔、聞いた事があるような気もするのだが、ハテ?

http://www5b.biglobe.ne.jp/~ms-koga/068mizukuri.html

スルルーでウツボ(T_T)

紅はるかさんがGoProを使って私の釣り姿を残してくれました。自分で見る機会は少ないので貴重です。
すみません。私のサイトでも紹介させて頂きます(._.)