宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

スマ

img20171110_05182896s.jpg

今朝は「スマ」を描いてみました。

スマというより「ヤイトガツオ」という呼び名が馴染む魚ですね~

沖釣りでこの魚の大きな群れに出くわした事があり、餌無し(ハリだけ)でガンガン釣れた事があります。最近そんな事ないなぁ。
身は柔らかいけどカツオ類ではもっとも美味な魚とも評されます。

上手く描けたと思ってたけど、PCに取り込んでみたら暗いし綺麗な色も出てないなぁ。ちょっと残念。

447.ミナミイケカツオ

レア度★★★☆☆ 宮崎で獲れる魚


アジ科>イケカツオ属>ミナミイケカツオ
Scomberoides tol (Cuvier,1832)
PB051035s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 約23Cm


まずは以前調べていたこの魚の特徴について
成魚では、体に楕円型の暗黒班が縦に1列5~8個並ぶ。イケカツオは二列でミナミイケカツオは一列。またイケカツオの方が口が大きく、上顎後端は眼の後縁の下あたりに達する。ミナミイケカツオは瞳孔の後縁の下あたりという違い。
3Cm程度の幼魚のうちなら黒斑が黒目より大きいとミナミイケカツオ,黒目より小さいとイケカツオということで判断できるようだ。

という訳でこの魚はイケカツオかミナミイケカツオのどちらかだろうと思って購入したが、上記の特徴から察するにミナミイケカツオ。
薄くて判りずらいけど、体の暗黒班が一列で口が小さい。
成魚になると50Cm程度のようだ。茨城県以南の太平洋側に住むそうだが、成魚になるほど南方にいるようだ。
宮崎で販売されている個体はだいたい25Cm前後の成長途中という感じ。沢山販売されている魚ではないが、時々雑魚が入ったドル箱の中に何匹か混じっている。

写真を写す際に驚いた特徴
PB051040s.jpg
背中にある棘が互い違いに向いていて、まあクロスしているという感じだ。
前回釣りのオフ会があった際にルアーマンの大ちゃんが、「棘がクロスしている魚知ってます?」と聞いてきた。
その時は検討もつかなかったんだけど、この棘を見てピンときた。この魚の事を言ってたんだなぁ。

そこで直ぐに大ちゃんに連絡した。イケカツオって魚をネットで調べてみてくださいと。
間違いなかったようで、これですとの返事を頂いた。以前港でこの魚の幼魚群れが集まっているのを見たことがあるそうだ。

食べてはいないけど、ネットで調べた感じだとアジ類の身に近いようで美味いけどちょっと淡泊という評価を見た。
これまた安定的に獲れる魚ではないので安値取引されているそうだ。つまり安くて美味しい魚の1つ。

クロメバル

img20171107_06430216s.jpg
昨日描いたクロメバルです。

宮崎にはメバルいませんね~。私も初めて見たのはこの絵のモチーフ写真の魚が初めて。2015年11月です。
釣れたのは愛媛県

大分県では普通に釣れるようだし、熊本や鹿児島にもいるようだけど宮崎では見ません。
海はつながっているから釣れた情報はあるのかも知れないけど、私は聞いた事がありません。
ちなみにウミタナゴとかカレイ類・アイナメなども少ないというか聞いた事がなく、ムラソイは出るけど極薄。もしかしてだけど宮崎って陸の孤島ならぬ海の孤島なのかも知れないなぁ。でも南方魚は結構あるか。

さて今週ですが、今朝はお絵かきは休んでノホホンとPCを眺めて遊んでます。

金曜日に所用で福岡に行き、その夜は釣り友KAさんと博多で飲む予定で、翌日は有明あたりに釣りに行こうと思ったけど、その翌日の日曜日がYAIBAの釣り懇親会(今季初ステージ)という事で2日連続の釣りも疲れるなぁと思い、せっかくの福岡なので糸島に牡蠣喰いに行く事にしました。楽しみの連続であります。

GPV天気予報による日曜日の状況は、たぶん雨はないけど風は北から強くて、串間市荒崎辺りは風で波を抑えてくれそうだけど、乗った瀬次第で風の影響はもろに受けそうだ。・・・・場所次第・ジャンケン次第だな(^^ゞ

446.ゴテンアナゴ

レア度★★★☆☆ 宮崎で獲れる魚


アナゴ科>ゴテンアナゴ属>ゴテンアナゴ
Ariosoma meeki (Jordan and Snyder, 1900)
PB051023s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 約45Cm


前日投稿したトビハタに続き、購入魚3種の内の2種目です。
数匹残っていた中で1匹だけ小ぶりの個体があってそれを購入。重量売りなので小さい方が安いのです。
ただドル箱の下の方にあって潰れていて、特に顔が判別できるのか?というぐらいにグッシャリしていたけど、明らかに他のアナゴ類とは違う白っぽい魚体色。上顎が出ていることと、最大の特徴である目の上下の小黒点もぼんやりだけど見える。
マルケイ水産では割と毎度置いてあって珍しい魚という印象ではない。ただ普通のアナゴよりは少な目という感じだ。

WEB魚図鑑記載の分布は「青森県~九州、種子島までの各地沿岸、東シナ海。~澎湖諸島、中国、海南島。」
普通に何処にでもいるってことだな。
成長しても60Cm程度

漁業対象魚としてはまとまって獲れないので価格は不安定で、割と安めらしいが美味しい魚だそうだ。
料理はアナゴ料理と同様。

ゴテンの名の由来は「御殿」で、仕えた女官の眉墨の様子がこの魚の目の周囲の雰囲気に似ていることから名づけられたようだ。
地方名としてはギンアナゴとかシロアナゴ(兵庫県明石)などと呼ばれているよう。

445.トビハタ

レア度★★★★☆ 宮崎で獲れる魚


ハタ科>トビハタ属>トビハタ
Triso dermopterus (Temminck and Schlegel, 1842)
PB051010s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 24Cm


三連休の最終日に、いつも覗くマルケイ水産に寄ってみた。時間が遅かったせいか棚に並ぶ魚は少なかったものの、この魚が数匹散らばっていた。トビハタ。

本当は釣りたい魚で、時々乗せてもらう遊漁船せいゆう丸で、恐らく狭い範囲なんだけどポツンと釣れている。せいゆう丸が更新されている日記を日々見ているが、この魚が釣れていると羨ましい。いつか自分で釣りたいと思っていた。

マルケイ水産に居たのはまだまだ若魚サイズで、写真の魚が24Cmだが、20~25Cmほどの個体が置いてあった。だいたい7~8匹というところ。結構まとまって獲れるんだな。若いうちは群れているんだろうか?
釣魚としてはだいたい40~50Cmほどが釣れていて、単発で釣れているので群れてはいないんだろうと想像する。成魚で50Cmほど。以前せいゆう丸船長に余っている魚があれば欲しいとお願いした事があったが、美味しいという話が船内では広まっており、だいたい持ち帰りされるそうだ。
まとまって獲れる魚ではないので、市場だと雑魚扱いで安いらしい。実際この魚も別に2匹の計3匹買って合計200円ちょっと。小さいとは言えど安すぎ。きちんとした目利きができれば安くて美味しい魚を手に入れることもできるわけだ。これは買い得です。

南日本、小笠原諸島。西部太平洋、西オーストラリア。沿岸浅所~深所の岩礁域にすむそうだが琉球半島にはいないそうだ。

この容姿からハタ科の魚とは思われず、変わった、メジナのような魚が釣れたという話を何度か聞いたが、だいたいこれだ。